運動

最近の若い世代は運動不足が顕著

更新日:


世界的に見て日本人は運動不足の人が多いのですが、年代や性別によって運動量に差があります。特にここ最近では、60代、70代以上の世代に関しては男女ともに日頃から運動習慣のある人の割合が以前に比べて伸びています。

 

逆に20代、30代の若い女性は全世代を通して最も運動量が少ないです。この世代は女性に限らず男性にも言えるのですが、やはり社会人になって仕事が忙しい、また結婚していて子供がいると育児なども忙しくなります。そして時間や余裕がなくなり運動習慣のない生活スタイルになる人が多いようです。

 

また子供の頃にテレビゲームなどが流行りあまり運動する習慣がないまま今に至る方も多いようです。20代くらいだとよっぽど日頃の生活が乱れていない限りそう大きな病気にはならないので、あまり健康に関して真剣に考える人は多くないのかもしれませんが、栄養の偏った食事や暴飲暴食、運動不足は想像以上に体を蝕んでしまっています。

 

30代くらいになって、少し太った、体力が落ちたと感じる方も少なくないはずです。見た目が目に見えて変わったり、体力低下を感じるということは体の中は想像以上に変化(老化)していると思っておいてください。筋肉量が減って脂肪量が増えるだけでなく、心肺機能、内臓機能は落ち、中々疲れが取れなかったり、血圧が上がったり、脳や骨も弱っているかもしれません。食事と運動を疎かにすると様々な機能が衰えます。

 

毎日の生活の質も下がります。若いうちは、健康について中々危機感など持ちにくいかと思いますが、今は特に問題ないから大丈夫みたいな考えは危険です。老化は20歳くらいから始まっていますので、食事も運動もできるだけ若いうちからしっかり意識して取り組むべきです。そうすることによって老化のスピードを緩やかにすることができます。

 

今の若い世代は数十年前の同世代に比べて、食は欧米化したり偏ったりしていて、運動量も少ないので、何も対策していないと老後とか結構まずいんじゃないかなと個人的に思っています。


-運動

Copyright© 超サイヤ健康人 フルマラソンサブ3とベンチプレス100kgを目指さないブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.