運動

運動を始めるコツ

投稿日:2016年10月24日 更新日:


運動が健康にいいのは分かってる、でも時間がない、嫌い、面倒くさい、どうせ続かない。ただ運動をしていない人の中でもできれば始めたいという方は多いかと思います。その最初の重い腰を動かす方法を私なりにアドバイスいたします。

 

まず、私の場合ですが、人生振り返ってみると、多少のブランクはありましたが、子供の頃から動くのは好きでその頃から30年近く何かしらの運動は定期的に続けています。

 

幼稚園や小学生の頃は水泳やサッカーをしていましたし、中学高校の時も帰宅部でしたが動くことは好きでしたので人並みに運動はしていました。成人になってからも20代も基本よく動いていましたしジムに通ったりもしていました。20代後半からは筋トレからランニング中心になりました。

 

もはや私のこれまでの人生は運動なしには語れません。ですので水泳、サッカー、筋トレ、ランニングなど色々なことをやってきましたが、運動を始めたとなると5歳くらいからということになるのでしょうか?それから30年くらい定期的に続けているということになります。

 

私が始めたきっかけは親に勧められたということになってしまいますね。まあただ中学生くらいからは自分でやりたいようにやっていましたから当時は単純に好きだからやっていたんでしょう。

 

私の場合は運動を始めるといいますかやる理由は、元々単純に好きで、且つ今は健康、体力増進が主な目的です。ただ最近は運動がそのほか体の様々なことに良い影響があることが分かり、さらに身を以て体感しており、ますます関心が増しています。私にとってもはやなくてはならないもので、食事睡眠同様に生活の一部です。

 

前置きが長くなりましたが、ほとんどの方は学生時代に多少なりとも何かしらの運動経験はあるかと思います。そして成人になってからは運動する時期も多少あったが最近はやっていないみたいな方が多いのではないでしょうか?

 

では始めるにはどうすればいいかですが、まず運動の良い点、悪い点を考えてみましょう。

 

私の考えですが、悪い点は多少時間がかかる、着替えなどが面倒、疲れる、疲れが残るなどでしょうか?良い点は、健康になる(やりすぎは除く)、体力増進、筋力アップ、代謝アップ、病気、ストレスの予防、免疫力アップ(運動直後は低下)、脳力アップ、認知症予防、血圧を下げる、血流がよくなる、肌がきれいになる、内臓、心肺機能強化、若返り効果(アンチエイジング)、、、まだまだあるかと思いますがこれくらいにします。

 

これだけ見ただけでもやらないのはもったいないと思いません?つまり運動習慣がないというのは、毎日多少の時間ができ、運動による肉体的疲労はないけれども、上に書いた良い点の逆のことが起こっている可能性が非常に高いということです。

 

中には病気とか代謝、免疫力、脳力、血流などあまり実感がないかもしれないですが日々少しずつ悪くなったり衰えているはずです。そう、運動習慣があるかないかで別人のようになってしまうんです。

 

健康で、見た目、体力、脳力などが実年齢より若々しい人は運動習慣がある、またはよく動いてる人が多いはずです。たまにそういう人の中で特に運動はしていないという人もいますが、その場合は少なくとも筋力や心肺機能は強くはないでしょう。運動しないで筋肉が落ちることはあっても付くことはありませんから。

 

すみません、また長くなってしまいました。簡単に言ってしまえば、運動の良さを深く理解するということです。どうですか、やらないことがとてもまずいことだと少しは理解しくれましたか?

 

運動をするのは多少時間を費やすのと疲れるくらいのことを除けばいいことだらけなんですよ。疲労もほとんど気にならないようにすることもできます。これはまた別に書きます。

 

ここまで読んでやる気になった方は是非始めてみてください。で、これで始められればみんな当たり前のようにやってるよって話ですよね。おそらくこれだけを読んでも1週間以内にでも運動を始める方は20人に1人いるかどうかでしょう。

 

これでもはじめる気にならない方のためにもう一押しします。もう1つの方法ですが、それは「危機感」を持つということです。特に今、肥満で生活習慣病の方などは運動不足に関して、ある程度危機感があるかと思います。それでも始めない人は多いでしょう。

 

ではこれは運動不足の方全員に言えることですが、今の状態を続けた場合の10年後、20年後、30年後の自分を想像してみてください。そう、今より格段に体は弱くなっています。中には病気でなくなっている方もいるかもしれません。

 

現在の年齢や体の状態などにもよりますが、10年後に命を落とす可能性があるということです。ちょっと極端な言い方になってしまいましたが、それくらいに思っておいた方がいいです。

 

ただ運動をすることでそれを回避できるかもしれないよということです。取り敢えず運動を始めてみませんか?そしてもし続けることができたら、、

 

あ、それと最後に。食事、運動、睡眠は生きる上で必須ですので、セットで考えてください。

この3つの中で運動への意識が欠けている方が非常に多いです。食べなければ死ぬ、寝なければ死ぬ、動かなければ死ぬくらいに考えましょう。大袈裟だと思うかもしれませんが、これくらいの考えを持っていて損はありません。

 

この記事を読んでいただいて、1人でも多くの方が運動を始めてくれたら嬉しいです。

次回は運動を続けるコツをお伝えします。


-運動

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.