アディダスのadiZERO RC ワイドタイプ

ランニングシューズ

アディダスのadiZERO RC wide「BB7362」をレビュー!う~ん、価格相応といった感じ。。

更新日:


アディダスadiZERO RC wideを購入したのでレビューします。

サイズは27.0cmにしました。

 

まずは特徴や使ってみた感想を軽くまとめます。

 

・定価は9709円(税込)

・Amazonなど6000円台で買えるとこもある

・幅は通常タイプとワイドタイプの2種類

・私はワイドタイプを購入

・ワンサイズ0.5cm大き目でちょうどよかった

・カラーは通常タイプが3種類、ワイドタイプは2種類

・重量は片足200gほど

・クッション性いまいち

・走りやすさは普通かな

・感想:「価格相応」といった感じ

 

こんな感じですね。

 

japanBOOSTtakumi ren BOOSTよりも3割~4割安いので、

RCにはそこまで期待していませんでした。

 

最初のモデルですし、もしかしたら「合うかも」と思って

気になって購入してみましたが、予想通りで価格相応といった感じですね。

 

走りにくいとかは思わないですけど、

JapanBOOST3なんかに比べると走りやすさやクッション性など劣ると感じました。

う~ん、分からんけどRC2とか次のモデルが出てもリピートはないかな。

 

久々に定価1万円以下のランニングシューズを買いましたが、

やはり価格に比例する感じみたいですね。

 

 

価格

定価は9709円(税込)です。

通常タイプもワイドタイプも同じです。

 

adiZEROの他のシリーズのjapanBOOST3やtakumi ren BOOST3などは

16000円前後なので、それらと比べると4割ほど安いですね。

 

18年7月現時点でまだ発売されて間もないですが、

Amazonでは6000円台で購入できます。

 

で、気になるコスパですが、、、

正直なところ、価格相応なのかなと感じております。

 

使用感などはこの後書きますが、

私は高価なjapanBOOSTやtakumi renなどの方が好きですね。

 

私はすでにjapanBOOST3やtakumi ren3やsen3を所持していますが、

「RCは別に買わなくてもよかったかな」とも思っているくらいですし。

 

価格が安い以外に、あまりメリットを感じないというのか。。

 

 

「年に1度」の爆安セール!Amazonのプライムデー

足幅&サイズ

足幅は通常タイプとワイドタイプがある

adiZERO RC wideの足幅は通常タイプとワイドタイプの2種類があります。

 

私はどちらにするかちょっと悩んだんですけど、

アディダスは幅が狭いイメージがあるので、ワイドタイプにしました。

これまでに買ったadiZEROシリーズも幅狭めな感じでしたし。

 

ちなみに私は足幅は広めだと思ってます。

やや広めくらいかな。

2E~3E相当だと思ってます。多分。

 

これまでも基本的にワイドタイプがあるなら、

こちらを購入するようにしてましたし。

 

で、ワイド幅にしてみたわけですが、

履き心地は問題ないですね。

横幅は「広すぎず狭すぎず」といった感じです。

 

余裕があるといえばあるので、

もしかしたら通常タイプでも大丈夫だったかもしれませんが。

まあでも、どちらかといえばワイドタイプの方が自分には適しているかと思いますが。

 

ワイドタイプは「横が広すぎる」って感じでもないです。

 

 

サイズはハーフサイズ大きめでちょうどよかった

サイズは27.0cmにしました。

 

私は普段ランニングシューズは8割方26.5cmを選んでしますが(残り2割は27.0cm)、

RCはハーフサイズ(0.5cm)大きめの27.0cmでちょうどよかったです。

 

ただ普段履いてる26.5cmでも大丈夫そうな感じはありますけど。

私は店頭で試着してから買うことは滅多にないので(面倒くさい)、

この辺の判断はたまに迷いますが。

 

ちなみに私がハーフサイズ大きめを選んだ理由は、

アディダス公式サイトのRCの商品詳細ページに、

「通常よりハーフサイズ大きめを推奨」と書かれていたことが決め手です。

 

「ぴっちり」と履きたい方は、

いつも履いてるサイズと同じでも大丈夫かと思いますが。

私はどちらかと言えば、少し余裕を持って履きたい方ですね。

 

 

カラー

カラーは通常タイプが3種類、ワイドタイプが2種類です。

 

通常タイプは、

 

・コアブラック/ハイレゾアクア F18/ランニングホワイト

・カレッジネイビー/ショックイエロー F18/カレッジロイヤル

・ショックライム F18/ハイレゾブルー S18/レジェンドインクF17

 

の3種類。

 

 

ワイドタイプは、

 

・ハイレゾレッド S18/ランニングホワイト/コアブラック

・リアルティール S18/ランニングホワイト/アッシュグリーン S18

 

の2種類です。

 

 

私はワイドの「リアルティール S18/ランニングホワイト/アッシュグリーン S18

にしました。

青×黄色系のカラーですね。

 

RCのカラーやデザインですが、

個人的にはカラーもデザインもいまいちだと思ってます。

全体的に派手な色がい多いですね。

 

私は無難に黒にしようか思ったら、

ワイドタイプには黒がないし(笑)

 

赤も青も全然好みの色じゃないけど、

まあ仕方ないので青の方を購入しました。

 

私はそこまでカラーは気にしないんで、いいですけど。

個人的には「白系の色」が1つあってほしかったな。

 

 

重量

adidasのadiZERO RCの重量は片足200g前後

 

RCの重量は片足202gほどです。

両足で403.5gなので。

27.0cmの場合です。

 

どうですかね。

中途半端に軽いといった感じでしょうか(笑)

 

同じadiZEROシリーズですと、takumi senが片足160g台で、

japanBOOSTが220gほどです。

 

走ってみた感じでもRCは「まあ軽いな」とは感じました。

 

 

走ってみた感想

う~ん、正直いまいちかなあ。

厳しめに言うと。

 

私はこの1年ほどでアディダスとアシックスのシューズを計10足ほど購入していますが、

その中でも1番走りにくいですね。

 

まあその他の10足に比べてRCは値段がダントツで1番安いので、

妥当といえば妥当なのでしょうが。

 

他のシューズは定価1万5000円~2万5000円くらいするので。

japanBOOST3、takumi ren3 、sen3、SUB2、ウルトラブースト3種類、

GT-2000NEWYORK6、GELKAYANO24、25とかです。

 

RCは別に「走りにくい」って感じではないんですけどね。

特に感じたのはクッション性かな。

クッション性は大してないように感じます。

他にもあまり走りやすいとは思わないですね。

 

普段主にjapanBOOST3やウルトラブーストなど

クッション性に優れたシューズを履いてるので、

余計そう感じるのかもしれませんが。

 

BOOSTシリーズなど定価1万5000円以上のシューズに比べると、

明らかに走りやすさやクッション性などの機能性が「劣る」なと感じました。

人によっては高価格帯のものよりRCの方が走りやすいという人もいるかもしれませんが。

 

今更ですが、私の場合は別にRCは買わなくてもよかったのかなとも思ってます。

ただ複数のシューズを使い分けることが好きなので、

RCも月数回は使っていくと思います。

ローテーションで色んなシューズを履いて、脚や体幹に異なった刺激を入れたいので。

 

走力レベルにもよると思いますが、

adiZEROシリーズでは私はjapanBOOSTが1番気に入っています。

坂道、インターバル、ダッシュ、スピード練習からジョギングまで色んな用途で使えるし。

takumi renやSUB2も同じくらい好きですけど。

 

もう数千円~1万円ほど出せるのであれば、

私は迷わずRCよりもjapanBOOST(BOOSTシリーズ)をおすすめしますね。

あとは自分の走力レベルに合わせて、

takumiシリーズにするかボストンブーストやウルトラブーストにするか考えて下さい。

 

 

adiZEROのRCまとめ

う~ん、RCは別に買わなくてもよかったかなと(笑)

 

価格が価格だけに、「こんなもんかな」といった感じです。

走りにくいとまでは感じないですし。

定価1万5000円以上のシューズと比べると、「やっぱ違うよな」といった感じです。

 

マラソン大会に出るとか、ランニングにのめり込んでるとか出なければ、

RCでも別にいいと思いますけどね。

タイムとか気にせず、週3回5kmゆっくり走る人とか。

 

ただ個人的には、できればシューズは少しでもいいものを買った方がよいと思います。

1足で1年間履くとしても、5000円~1万円くらい余裕で元取れると思いますし。

シューズ代数千円ケチって、疲労溜まったり怪我でもしたら元も子もないですよ。

 

ランニング関連の製品は、ウェアとか時計よりも

まずシューズをどれにするかを重要視するべきです。

 

脚を大事にしましょう。

一生ものです。

 

 


-ランニングシューズ

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.