怪我

どうやら腸脛靱帯炎になってしまったようです

更新日:


先日ランニング後、右ひざが腸脛靱帯炎になってしまったようです。

腸脛靱帯炎をご存知でしょうか?ランナーや自転車や登山など脚をよく使うスポーツで発症しやすい膝の外側にある靭帯の炎症です。

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

一般的に発症の原因は、練習のやりすぎ、ストレッチやウォーミングアップ不足、クッションの薄いシューズ、アスファルトや下り坂を走った時などが考えられます。運動習慣はあまり関係ないらしく、運動初心者から上級者までも発症します。女性より男性の方がなりやすいです。

 

私は腸脛靱帯炎については以前から何となく知っていましたが、自分には無縁のものだと思っていました。ランニングを毎日のようにするようになって7年ほど経ちますが、怪我と言えばふくらはぎの肉離れ2回くらいです。ですので、普段からある程度肉離れに関しては気を使っていましたが、それ以外は大丈夫だろうと思っていましたが考えが甘かったですね。

 

発症したその日もいつものように10kmほど走りました。家に着くまではいつも通りだったのですが、玄関でシューズを脱いでいる時右膝に少し違和感を感じました。その後、家の中を歩いてる時も違和感は続きました。 腸脛靱帯炎は膝の外側の違和感の他に痛みを伴うことも多いようですが、幸い私は痛みはありませんでした。

 

特に膝を曲げ伸ばしすると骨と靭帯が擦れるのかコキコキする感じです。なんか嫌な感じはしましたが、痛みがなかったので次の日にはもしかしたら治るかなと思っていましたが。。

 

すぐにネットで調べると腸脛靱帯炎の症状に似ていたので間違いないだろうと思いました。安静にした方がいいのは分かるが、私の今の生活スタイル上走れないのはかなり困ります。

 

翌日、痛みはもちろん違和感もほとんどなかったので右足をかばいながら恐る恐るジョギングペースで6kmほど走ってみました。案の定、前日と同じく走っている時は気になりませんでしたが走り終えると違和感が出てきました。

 

「ああ、しばらくダメだな。」とすぐに確信しました。肉離れになった時の感覚と似ていますね。こういうのはどれくらいで治るかの判断が難しいです。

 

私は軽度の部類だと思うので、とりあえず3週間ほどはジョギング以上は封印するつもりです。早歩きくらいまでですね。

 

正直1日くらいならまだしも3日間走れないだけでも辛いです。でも悩んでも仕方ないので、その分時間や労力が浮くと思って安静にします。ただ3週間何もしないわけにはいかないので有酸素はウォーキングにして右脚(膝)以外は筋トレなどで鍛えます。

 

長期間運動しないことによる体への負担やデメリットを知ってしまうと運動せずにはいられません。右脚以外は問題ないので使えるとこは使います。

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

 

ところで今回の腸脛靱帯炎発症の原因ですが、未だにこれと言ってよく分かっていません。

 

練習のやりすぎについては、距離はいつも通りでしたし前日も頑張ったわけではありません。ただいつもよりスピードは結構出していました。←これが1番あやしい。

ただウォーミングアップはいつも以上ににやりましたが、ストレッチは全くやっていませんでした。走る前のストレッチは数分やる時と、全くやらない時があります。これも原因の1つかもしれません。

あとはアスファルトでややクッション性の薄いシューズで毎日走っているのでそのダメージが蓄積されたか。でも以前は多いときは今の2倍くらい走っていたし。

 

それと今回の怪我だけでなく今までの肉離れも全部12月とか1月の寒い時期なんですよね。気温は10℃以下。これも影響しているのかなと。

 

今後1月いっぱいくらいまで安静にします。それまでの経過も記載していきます。同じ症状の方、そうでない方も参考にしてみてください。

 


-怪我

Copyright© 超サイヤ健康人 フルマラソンサブ3とベンチプレス100kgを目指さないブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.