怪我

腸脛靭帯炎 経過観察その1 発症から10日目

投稿日:


腸脛靭帯炎になったのが1月13日でしたので今日で10日です。

 

基本的に発症後は2日に1回のウォーキング3km以外はほとんど動いていません。それまでが毎日10kmのランニングが当たり前でしたからかなり物足りなさはあります。痛みは最初からありませんが、違和感もないのでウォーキング中は何度か走りたくなりますが、グッとこらえています。

 

ここ最近は活動量がかなり少ないので、一時的であれ体力や走力、心肺機能が落ちるのは仕方ないですが、血管や内臓機能ほか体全体が劣化してそうでなんか気持ち悪いです。体重はそんなに気にしていないので、少しくらい増えても構わない考えなので、食べ過ぎだけ注意ですね。たとえ1、2kg増えてもまた走れるようになれば元に戻りますし。何よりも今は安静に重点を置いています。

 

膝は常時軽くテーピングを貼っていて、ウォーキングや筋トレの時だけ先日購入したZAMSTのRK-1サポーターを使用しています。初めて付けてみた時は少しきつく感じましたが、今はほぼ気になりません。Mサイズと悩みましたがSサイズにしてよかったと思っています。

 

今日もウォーキングをしましたが、ウォーキング中、そしてその後も膝横がコキコキするような違和感もなかったです。

 

正直もう治っているような気がしなくもないのですが、2度経験したふくらはぎの肉離れ(どちらも軽度の部類)の時もそうでしたが、こういう怪我は走ってみないと完治しているのかどうか分からないのが厄介です。肉離れも軽度のものであれば発症から数日も経てばウォーキングや日常生活でしたら痛みや違和感はほぼ感じません。ただ発症から2週間ほど経って治ったかなと思って走ると3km~5km走ったところで痛みが出てきて完治までに余計時間がかかってしまいました。さすがに2度目の肉離れの時は、1回目の経験が役に立ち1か月ほど安静にして1発で治りましたが。

 

あとは腸脛靭帯炎やその他のひざ痛などの怪我の予防になるか分からないのですが、今後はスクワットなど脚の筋トレも取り入れていくつもりです。今までは毎日走っているしやらなくてもいいかなというのと、あまり脚だけは筋肉痛になりたくなかったのであまり脚の筋トレはしていませんでした。

 

でもやはり走るだけで付く筋肉とスクワットやランジなんかで付く筋肉は違うと思っています。遅筋と速筋の違いというイメージ。太腿(大腿四頭筋)に筋肉を付けることで膝への負担も和らぐと思うので、これから取り入れていきます。

 

とりあえず1月いっぱいまでは我慢です。2月になってからも最初は3km~5kmの軽めのジョギングから始めていくつもりです。

 

 

 

 

 

 


-怪我

Copyright© 超サイヤ健康人 フルマラソンサブ3とベンチプレス100kgを目指さないブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.