ランニング

フルマラソンサブスリー中毒に注意!サブスリー達成しても人生そこまで変わらんでしょ?

投稿日:2017年9月18日 更新日:


フルマラソンのサブスリー(3時間未満で完走すること)を達成しても、

人生に大した影響もたらさないよね?

 

達成感はそれなりにあるのかもしれないけど。

サブスリーとかサブフォーとかタイム関係なく、

別にフルマラソン走れなくても5km、10km走れれば「健康的には十分」だよね。

 

そもそもフルマラソンほどの長い距離を走ることは健康的と言えるのかどうか?

 

下手したら走りすぎは活性酸素も大量に発生するし、

走る習慣のない人よりも老化スピード早まる可能性あるよね。

天気のいい昼間に長時間走ってたら、紫外線も大量に浴びて更に老化が進むよね。

 

あとフルマラソンの練習となると体力や気力だけでなく、

時間(命)という大きな資産もかなり消費するよね。

それでもあなたはサブスリーに挑戦し続けますか?

 

 

なんか私のサブスリーに対する考えをざっと書いたら、

すげえ感じ悪い冒頭になってしまいましたね(笑)

失敬失敬。

 

「何言ってんの、こいつ?」って思われるかもしれませんが、

私が金払って運営してるブログなので好き勝手書かせてもらうよ。

こういうのは、いろんな意見があるから面白いんだ。

 

私はサブスリー(フルマラソン)の断捨離をしただけです。

それで心も体もスッキリして、以前より体調も良くなったし練習も楽しくなった。

あくまでも「私の場合は」ですけどね。

 

別に「フルマラソンとか、サブスリー挑戦するの止めた方がいいよ」と言ってるわけじゃないですからね。

毎日の練習が苦にならず、楽しいとか体調がいいなら今まで通りでいいと思いますし。

 

ただサブスリーを達成できていない理由は何かしらあるはずだから、

本気で達成したいんだったら今の練習内容、食事、サプリ、シューズなど何かを変えた方がいいと思うけどね。

と、サブスリー達成してないやつが偉そうに言ってみる(笑)

 

変わらなきゃ変わらないからさあ。

マラソンに限ったことじゃないけど、同じことずっと繰り返してて成長したら苦労しないわな。ホンマに。

 

 

まあ私も一時期サブスリー中毒に陥っていたんですよ。

なんだかんだで5年間くらいかな?

結局、サブスリー一歩手前(3時間台一桁)で達成できなかったんですけどね。(まだ分からんぞ!?笑)

 

で、今は一端というか、今後ずっとかもしれませんがフルマラソンから離れています。

フルに限らず、ハーフや10kmの大会ももう1年以上出ていませんが。

 

サブスリーを達成できなかったことについては少なからず心残りはありますが、

個人的にはサブスリーを諦めたことは、その後の生活(人生)において色々よかったと思っています。

 

 

サブスリー挑戦を諦めて(フルマラソン参加を止めて)よかったこと

 

・サブスリー達成のために嫌々練習してることに気付けた

・練習時間が減って、他のことに使える時間が増えた

・練習量を減らしてから、体調がよくなって疲れにくくなって日中の眠気も減った

・距離やスピードを気にしてないから、今は走るのが楽しい

・筋肉量や体重を気にしなくていいので、筋トレがみっちりできる

 

などですかね。

 

昔陸上をやっていた方や才能のある方は、

3時間切りは余裕で達成できたと言う人もいるかと思います。

 

でも20代後半とか30代以降からマラソンを始めた方や市民ランナーにとっては、

サブスリー達成はかなり難しいことかと思います。

男性ももちろんですが、女性にとっては大会によっては優勝できちゃうレベルですからね。

 

あと、何年か挑戦して思ったのが、サブスリー達成するには、

何かしらが犠牲になる可能性が高いかなと感じました。

まず、毎日のように5km~15kmくらいは走る労力と時間が必要ですからね。

筋トレや、ストレッチなど身体のケアなども含めたら、1日1時間はランニングに費やす感じですかね。

 

1日1時間って、ほぼ毎日とかなら年間で考えたらかなりの時間ですからね。

仕事や睡眠、食事などの時間をのぞいたら、1日で自由に使える時間なんてたかが知れてますからね。

1日1時間くらいなら「マラソン中心の生活」とは言わないまでも、それに近い状態なんじゃないかなあと。

 

本当に走るのが何よりも大好きで、「フルマラソン命!」とか、

「毎日2、3時間走っても苦にならないどころか超気持ちいい!」っていう方はいいかもしれませんが、

サブスリーの為だけにやりたくもない練習を我慢して嫌々やってるような場合は(私)、

一層のことサブスリー挑戦を止めてみてもいいのではないでしょうか?

 

サブスリー達成できなくても、人生特に変わらないでしょ?

ほとんどの人はサブスリー達成できずに死んでいくわけだし。

フルマラソンも1度も完走せずに人生を終える人の方が遥かに多いわけだし。

そう考えたら、サブスリーなんてそんな大したことじゃなくね?

 

死ぬ時に、「あ~~~、サブスリー1度でも達成しておけばよかったなあ~」とか死ぬほど後悔することはないでしょ。

逆にどちらかというと、「サブスリーのためだけにあそこまで頑張って練習しなくてもよかったかなあ」

って思う確率の方が高そうな気がするけど(私のこと笑)

 

 

挑戦を止めること、諦めることも大事

 

 

 

 

ウルトラマラソン?

(練習)時間もったいなくねえ?

睡眠時間除いたら1日たった16時間しかないんだぜ?

「俺は睡眠時間4時間だぜえ!?(スギちゃん風)」みたいなのはここでは無視します。

睡眠負債に陥るから、7時間半くらいは寝た方がいいよ。

 

特に運動量多い人はしっかり寝ないと疲労回復できないしね。

まあウルトラマラソンのレベルになると、

なかなか中途半端な気持ちでは挑戦する気にもならないとは思うけど。

 

今回、私がサブスリーの挑戦(フルマラソン)を止めてよかったことを中心に書きます。

人生サブスリーがすべてじゃないぜ!?

サブスリーの方(目指してる方)、

マラソン大好きな方にとっては「なんかすみません」な記事になってしまうかもしれません(笑)

 

長年サブスリー達成できてない方、

挑戦を諦めたら新たな道が開けるかもよ?

 

 

篠原涼子、米倉涼子、倖田來未、高梨沙羅さんら愛用!

サブスリー挑戦を止めて心も身体も身軽になった。ストレスも減ったかな?

もう1年以上はフルマラソンは走っていませんが、

今まで5年間くらい「ホント嫌々練習してたんだなあ」と思いましたね。

 

なんとなく、当時から分かってはいたんですけどね。

「これは達成するまで俺がやるべきことなんだ」とか勝手に思い込んでたんだと思います。

私1度決めたことをやり通すような性格でもあるんで。

 

ま、サブスリー挑戦というかフルマラソン自体参加することを止めたんですよね。

こっちの方が大きいかな。

これによって「あ、もうフルマラソンのために練習で30kmとか40km走らなくてもいいんだ」っていう感じになりましたね。

私の走力だと練習で40kmだと3時間ちょっとの時間走ることになりますからね。

 

今更ですが、よくやってたなあ~、って思いますよ。

今更ながら「時間もったいねえ~」ってかなり思ってますけど(笑)私の場合はですけどね。

まあでも5年間で30km以上走ったのはレースを入れても50回くらいだし、いい経験・勉強にはなったとは思っていますけどね。

多少は根性、忍耐力みたいなのが付いたんじゃないかな。

 

私はフルマラソンの大会で走ってる時は気持ちいいし楽しいのですが、何より練習がつらいしつまんなかったですね。

今でもそうなのですが、距離だと10kmくらい、時間だと45分くらいまでなら、まあ走ってて楽しいというか気持ちいいんですよね。

ただ15kmとか1時間以上になると、一気につまんなくなります(笑)

「長ぇなあ~」みたいな。

 

フルマラソンに出なくなって、練習量(走行距離)が減ってから色々楽になりましたね。

気持ちの面が大きかったかな。

走るのが楽しくなりましたね。

 

距離も時間も短いので集中もできるし、スピードも出せるから爽快感あるし。

あとなんとなくストレスも減った気がする。

自分ではそんなに感じてないつもりだったけど、疲れてる時とか嫌々やりたくもない練習してた時なんかは結構ストレスになってたと思いますよ。

もうフルマラソンのタイム(サブスリー達成)のために、何かに取りつかれたかのように仕方なく練習してた感じでしたからね。

 

走る時間が減って、他のことに使える時間が増えた

フルマラソンに出なくなってから、走る距離や時間は結構減りましたね。

1番走ってた時期で月間500kmくらい、それ以外の時でも300km~450kmくらい走ってる時期がほとんどでしたね。

2015年くらいまでは。

 

2016年から現在は、特に距離や時間は気にしてもいないのであまり計算していませんが、

だいたい月間走行距離200~250kmくらいだと思います。

夏は距離は少なめでスピードも遅いです。冬は逆です。

夏は200kmちょっとくらい、冬でも月間300kmは走らないかな。250~300kmくらいですかね。

 

今は距離やペースもその日の体調に合わせて、走り出してから決めているので本当気持ちが楽です。

筋トレに比べてランニングって、走ってみないとその日の調子が分かりにくいことが多いんですよね。(私は)

7年以上走ってるけど、未だに自分の毎日の体調が走ってみないと把握できないですし。段々つかめてきたけど。

「今日は何km走る」とかノルマみたいなのもないのもいいですね。

 

たまに「今日はこれこれこういった練習をこれくらいやろう」という風に決めている時もありますけどね。

それは走力向上が目的ではなくて、サプリメントの効果がどれほどあるのかを検証する時に限りますね。

BCAAやHMBのサプリメントがどれくらい効くのか検証するために走るのも面白いです。

「これは大して効いてないなあ」とか「これめっちゃ効いてない?」とか(笑)

 

使用したサプリメントはこのブログで練習内容やその時に感じた効き目などをかなり詳しく書いていますので、よろしければ参考にしてみてください。

練習内容も効果についても嘘は付いてないですからね。

文章ばっかだから、嘘書こうと思えばいくらでも書けるけどね。

でもそんなことしても意味ないし、つまらないし疲れるし。

 

サプリメントは効くものは効きますよ。マジで。

もちろん効き目に関しては人それぞれ個人差ありますけどね。

 

もう練習前後にBCAA、練習後にプロテインなんてランナーにとっては常識かな?

まだ割と出てきたばっかだけど、今後はHMBもランナーや筋トレする人にどんどん広まっていくだろうね。

 

最近試してみてよかったのはHALEOのラプター(HMB)。かなり高いけどこれメッチャ効くで。マジマジで。

サプリメント百戦錬磨の私が言うのだから、間違いないです。

 

ラプターのレビュー記事はこちら

 

 

 

走る距離や時間が減ったことで、その分他のことに使える時間が増えましたね。

だいたい1日あたりの走行距離が5kmくらい減ったと仮定したら、25分くらいは時間浮いてる感じですかね。

私の場合だと浮いた分まるまる筋トレに使ってる感じですが。

これもまたよかったと思ってます。

その理由は後ほど書きます。

 

 

スポンサーリンク

練習量減らしてから体調がよくなって疲れにくくなった

これはランニングがすべてではないと思いますが、

実際に練習量を減らした2016年からは明らかにそれまでよりも、日々の体調がよくなって疲れも感じにくくなっていますね。

走行距離はそれまでより3、4割落としてますけど、一応今でも毎日のように走ってはいますからね。

 

ちなみに走行距離や時間は減ってますが、練習強度に関してはむしろ2年前までより今の方が高いくらいです。

今年なんかはダッシュとか坂道とか結構やってますからね。

考えてみたら2015年まではいつも同じような練習ばっかりやっていましたね。

とりあえず毎日10km~20km、1km4分台前半のペースで走ればいいやみたいな感じでした。

こういった練習のマンネリ化もサブスリーを達成できない原因だったのかもしれませんね。

 

走らない日は月に3、4回くらいかな?

雨でももちろん走りますよ。

台風でも雪でも走るし。

自然に負けてたまるかってんだ!(笑)暑さにはクソ弱いですけど。。

雨の日の方が割と調子いいことが多いですし、雨もそんなに嫌いじゃありません。夏は気持ちいいくらいだし。

ただマラソン大会(計50回くらい参加)で雨や雪降られたことが1度もないんだよなあ。

中止になるかならないかくらいの大雨とか大歓迎なんだけどなあ(笑)

 

疲労感も特に今年に入ってからはかな~~~り減ってますね。

筋トレを増やしたとか、食生活をさらに改善したとか、サプリメントを色々試してるとか考えられる要因は結構あるんですけどね。

↑この3つは結構疲労抑制に効いてると思う。

 

筋トレして代謝アップして疲れにくい身体になる。

食生活も重要なのは言うまでもないですね。食生活に関しては運動以上にかなりストイックですよ、私は(笑)

詳しくはプロフィールをご覧ください。

くれぐれも引かないでね(笑)

 

サプリメントも新しいのを試しだしたのは今年に入ってからですね。

今は自分の身体でサプリメントの効果を確かめるのが趣味の1つになっています。

サプリメントの力も侮れませんよ。

 

考えてみたら、2015年までは毎日のように疲労困憊状態でしたからね。

走り終わった後1日中グッタリしてるなんてことも結構ありましたよ。

特に30km以上走った日とか。

あとは眠気ですね。

本当眠い日が多かったですね。

朝早くにみっちり練習すると、まだ起きてから数時間しか経ってないのに眠いなんてこと結構ありましたよ。しかも疲れもあるしね。

この眠気が一時的なものならまだいいんですけど、1日中続くこともあったのでかなり厄介でしたよ。

長時間走って尚且つ昼寝もしたりするとどんどん時間は奪われてしまいますからね。

 

で、今は日中も眠いことはほとんどないです。

日中眠気を感じるのは月に2回くらいかな?

それもそこまで大した眠気じゃないです。

眠気も疲労感同様に、食べ物も多少は影響してるはずですけどね。

 

まあ、ランニングの練習量を落としたことだけがすべてではないですが、この1、2年で色々身体も変わってるなあと実感している今日この頃であります。

 

タイムやスピードを気にしていないので、自由に走れるから楽しいし気持ちいい

他には練習量を落としてから走るのが楽しくて気持ちいいですね。

「今日は何km走る」とか「1km~分~秒ペースで走る」とかノルマがないので、ストレスもないですしね。

走りたい時は15kmくらい走るし、脚が重くて気力もない時は4kmくらい走ってスパッと切り上げることもあります。

もうカラダの調子に合わせてあげてる感じですね。

 

このやり方が疲労感や眠気が少ないのに結構効いているのかもしれませんね。

「やる時はやる」、「身体が重い時は適当」、とメリハリをつける感じですね。

 

 

体重や筋肉を気にしなくていいので、ガッツリ筋トレができる

体重はそんなに気にしてないけど、食べ物は超気にしてるよ

フルマラソンに出ないとなると、日々の練習内容もそうなんですが、体重なんかも特に気にする必要がなくなってくるんですよね。

フルマラソンを走らないと言っても、一応毎日走ってはいますので、全く体重を気にしてないわけでもないんですけどね。

ただ今は数年前よりも1~2kgくらい体重は増えてますが、食事制限はほとんどしてないですね。

栄養管理は超きっちりしてますけどね。

 

揚げ物やお菓子は一切食べませんし、インスタント麺も半年くらい食べてないし、冷凍食品もほとんど食べてないかな。

アイスは今年になってから1度も食べてないはず。この夏も結局アイスは1回も食べなかったし。

アイスに関しては、別に我慢してるわけじゃないんですけどね。

栄養的に食べるメリットがないし、特に食べたいとも思わないので。

 

お菓子なんかでもそうなんですが、一定期間食べないでいると脳が変わるので欲さなくなるんですね。

だから私はパンももう2016年になってから1口も食べていませんし。

「食べないでいたら、食べなくなった」みたいな感じです。

お菓子は結構好きでしたが、パンは元々そんなに好きだったわけでもなかったので。

 

パンを食べるのを止めた理由については、最強の食事ジョコビッチの生まれ変わる食事の影響が大きいです。

実際パン食べるのやめてから、脳やカラダが少し変わった感じもしてるしね。

朝はコーヒーで済ますという完全無欠コーヒーにも少しハマりましたが、いまいち私には合わなかったのでもう止めてます。

やっぱり朝食はしっかり摂りたいですし。

「最強の食事」に関しては、食事に超ストイックな私でもちょ~っと納得できない部分がありましたね(笑)

 

 

 

 

お米?毎日たらふく食べてますよ(笑)

糖質制限?するわけないじゃん!アホらしい!わしゃ毎日運動しとるんじゃ!

糖質制限して、どこからエネルギー摂取するんじゃ!?

糖質制限ってボクサーやボディビルダーやモデルがするもんじゃないの?

私はもうマラソンランナーでもないしねえ。

 

あと糖質の重要性を甘く見てると後々痛い目に合うよ。

糖質(炭水化物)抜くってのは、簡単に言えば「栄養失調になりたい!」と言ってるようなもんですから。

だから最近若い女性を中心に栄養失調で体力のない人が増えてるんですね。

 

特に男性より女性は糖質制限は止めといた方がいいと思うよ。

女性は男性よりも糖質制限の効果を得にくいです。

また女性は男性に比べて、食べたものが吸収されにくく排出されやすい身体の構造なので、

食べないこと自体が危険です。

 

女性の場合は痩せてるよりは少しふっくらしてるくらいの方が、

身体にはいいと思いますよ。

 

糖質制限して、運動してダイエットする!?話にならん!出直してこい!(笑)

それボクサーの減量期や~ん!?

1週間とかならまだしも、ずっとは続けられないでしょお?話にならんわあ。ホンマに~。

それだったら、運動しないでしっかり食べて少し太ってた方がまだマシです。

食べすぎな人が糖質を適度にカットするのはいいと思いますけどね。

 

痩せてればいいってもんでもないですよ。

見た目は痩せてても筋肉量が少なく脂肪の多い隠れ肥満が近年増えていることもをお忘れなく。

ダイエットしたいなら、理想の体型になりたいなら、しっかり栄養のあるものを食べて筋トレやランニング(運動)をする。

たったこれだけ。

でも、たったこれだけを続けることが超難しいんですけどね。

超サイヤ健康人の私にとっては食事管理や運動は、毎日お風呂入ったりうんこするようなもんなので、超楽勝ですけど(笑)

 

走れる細マッチョ最強説

体重だけでなく、筋肉量もほとんど気にしなくなりましたね。

それまではマラソンのタイム向上のために、あまり筋肉を増やさないようにしていました。

10代の頃から筋トレ好きな私にとっては地味に辛かったです。

「筋トレよりもランニングの方が大事なんだ!」と勝手に言い聞かせていました(笑)

 

今は筋トレもランニングも私にとってはどっちも同じくらい大事ですが。

もう筋トレとランニングなしでは生きていけないくらい。マジです。

それくらいどちらも身体への影響が計り知れないものなので。

まあ筋トレもランニングも中毒みたいなもんですね。いい意味で。

サブスリーへのこだわりもある意味中毒でしょ(笑)

 

もう筋トレとランニングを習慣化するだけで頭の先からつま先まで丸ごと変わっちゃう感じですね。マジです!

似たような例だとライザップなんかがいい例かなあ。

私は糖質制限も全くしてないし、筋トレだけでなく有酸素運動もしてるからライザップより健康的ですけどね(笑)

体力や脳はもちろんですが、性格や考えなんかも少しは変わるんじゃないかなあ。

やっぱ運動の力はすげえや!

「どちらか1つだけ!」と言われたら、あたしゃあ有酸素運動のランニングの方を取るかな。

基本は有酸素運動(ランニング)で基盤を作って、さらに補強で身体機能をアップさせるために無酸素運動(筋トレ)ってな考えなので。

筋トレ全くしないで走ってるだけでも、結構足腰強化されるし全身運動にもなりますけど。

 

脚や体幹の筋トレはあまり制限してなかったのですが、上半身の腕や肩、胸、背中などの筋肉ですね。

これらは走力向上にはあまり必要のない筋肉ですからね。

腕立てなんかは推奨されてるみたいですけど、どうなんかね?

ガッツリやらずに適度にやるくらいならいいのかもしれませんけど。

フルマラソン走るのにベンチプレスで100kg以上とかまずいらんでしょ(笑)

まあベンチプレス100kgでも速い人ならフルマラソン2時間台で走れる人もいると思いますが。

鉄人だね。

 

実際、今年になって筋トレを増やしてからかなり筋肉が付きましたが、走ってる時たまに肩周りや胸がユッサユッサして気になりますからね。

「ちょっと重くなったかな?」みたいな。

走るスピード自体はほとんど変わってないのですが、スタミナ(持久力)はちょっと落ちた気がしてます。

まあこれは筋トレよりも距離走ってないことの影響の方が大きいかな。

今はもう10km、15kmでもまともに走れれば十分なんでいいんですけどね。

 

 

ランニングに筋トレをプラスするとすごいことになる

インボディで体脂肪率6.2%

私の17年7月当時の体脂肪率

 

ランニングだけでなく筋トレも同様ですね。

ボディビルのコンテストに出るわけでもないですし、ゴリマッチョになりたいわけでもないので筋トレもランニング同様に好き勝手にやってます。

なので、やはりランニング同様に筋トレも楽しんでやれてます。

私の場合、ランニングはもうあまりタイムやスピードなども特に大きな変化は期待できないのですが、筋トレはまだまだ伸びしろがあるので筋肉が付いて見た目が変わっていくのがやってて面白いですね。筋肉量や体脂肪率も変わるし。

筋トレも奥が深くて面白いです。

マラソンやサブスリー挑戦に飽きた方、筋トレは如何ですか?すでにやってたらすみません!

 

ちなみにですが、筋トレとランニングをバランスよく両立するとめっちゃ身体の調子がよくなります(経験済み)

今年に入ってから両方バランスよく行っているのですが、今まで生きてきた中で1番調子がいいですね、今年は。

多分、筋トレとランニングの相乗効果って凄まじいと思うよ。

どっちもしっかりやってる人そんなにいないでしょ?

「毎日10kmとか走ってるけど筋トレはそこまでやってない」とか、「筋トレは週5回みっちりやって筋肉ムキムキだけどランニングは(そんなに)やってない」って人は多そうだけど。

試してみそ?すごいぜ。

 

筋トレは腕とか腹筋とかだけでなく全身やった方がいいですよ。全身の筋肉は繋がってるので。

実際私も首から下満遍なく鍛えてるし。

上半身ムキムキで脚細いとかめっちゃ格好悪いよ。

それだったらサッカー選手(C・ロナウドや長友選手みたいな全身マッチョは除く)のように脚太くて腕細い方がまだいいと思う。

全身の筋肉の70%は下半身に集中してるわけだし。

上半身よりも下半身の方が衰えやすいしね。

歳取って上半身より下半身の劣化スピードが早いのもうなずけますね。

筋トレもバランスが大事だね。

あ、あと、スクワットとかやって脚に筋肉痛があっても意外と走れるもんなので、ご心配なく。(超筋肉痛の時は除く)

 

だからボクサーなんか毎日体調すごいいいんだろうなって思いますよ。

しっかり栄養管理や疲労対策ができていればですけどね。

どんなに体力に優れてても毎日疲労困憊じゃね。

ボクサーでも筋トレやらない人はやらないだろうけど。

 

ちなみに私はほぼ毎日平均40分走って30分筋トレしてるような感じです。

どちらも休憩少なめ、強度高めです。

ランニングはほとんどノンストップですね。

 

あとランニングのみだった時よりも、筋トレ増やしてから体脂肪率がかなり著しく減りましたね。

インボディの測定では2015年までは2014年あたりの体脂肪率7.6%がベストだったのですが、今年になって筋トレ増やしてから7月に計ったら体脂肪率6.2%でした。

まあ体脂肪率に関しては食事の影響も無視できないですけどね。

やっぱり筋トレ+ランニングの相乗効果はかなりのものですね。

 

サブスリーってそんなに達成感あるんかなあ?達成しても人生までは変わらんだろ。

まあでも、そんなにサブスリーサブスリーと拘らなくてもいいと思いますけどねえ。

サブスリーに人生懸けてるとかならまだしも。

そのために毎日嫌々練習するのも相当ストレスになると思うし。

好きで毎日走れてるならいいとは思うけど。

 

私はサブスリー達成したことないから分からないけど、そんなに達成感みたいなのあるんですかね?

芸能人とか有名人ならともかく、素人がフルマラソン2時間50分台とかで走れたところで人生大きく変わるもんでもないでしょ?

男性で2時間20分台とか、女性で2時間40分台とかなら「ちょっとやばくね!?」ってなるかもしれないけどさ。

そこまで速く走れなくても、毎日5km~10km走ってるだけでも「体力や健康的には十分じゃない?」って思いますけどね。

フルマラソン自体、「健康的」とはそんなに思わないし。

 

まあ誰もが、「健康第一」が目的で走ってるわけじゃないですからね。

 

ちなみに私はフルマラソンを初めて完走した時は、全く感動とか達成感はなかったです。

それよりもフルマラソン完走できたことよりも終盤失速して歩いてしまったことが悔しくて悔しくて。

なんかゴール後はしばらく情けない気持ちで溢れかえってましたね。

これを機にしばらくの間サブスリー中毒に陥ってしまったわけですが。。

 

私の場合はフルマラソン初めて完走した時よりも、

今年になって人生で初めてマッスルプレス成功した時の方が達成感あったし嬉しかったですね。

成功した時思わず叫んじゃいましたもん、「よっしゃあああ!!!」って(笑)

かれこれ10回以上フルマラソン走ってきましたが、ゴールした後「よっしゃあああ!!!」なんて思ったこと1度たりともありません。

よくて「よし!最後までしっかり走れたな、でも思ったよりもタイム悪いなあ。なんだよお、あれだけ練習したのに。さて帰るか」

くらいな感じでしたね(笑)

 

今はもう「そこまでしてフルマラソンのための練習に、労力や貴重な時間を費やす必要があるのかな?」という考えになっちゃってます。

私はフルマラソンの大会自体は雰囲気とか非日常的な感じとか好きなんですけど、何より毎日の練習が耐えられない。

肉体的にきついのはもちろんですが、それよりも私には精神的にきつかったですね。

簡単に言うと練習がつまらなかった。(今は逆です)

 

走りこんでた時だと毎日1時間半くらい、15km以上走るのとか当たり前な感じだったし。

今では10kmでも長く感じるくらいですが、当時は10kmじゃ少ないというか物足りない感じでしたからね。

1年間ずっとじゃなくても、秋や冬のフルマラソン前の3ヶ月間だけの短期集中練習でも私にはきつかった。

よく5年くらい毎月300km以上走ってたなあ、と。

 

月に2、3回30km以上走って、長い時で1回46kmくらい走ったこともあったけど、本当つまらなかったし(笑)

4時間くらいほぼノンストップで走り続けてたっけかな。

「ちょっと何やってんだろ俺?」みたいな感じもあったし(笑)

今思えば、時間もったいねえ~、って感じですわ。

ということで私はフルマラソンから遠ざかっているわけであります(笑)

いつかまたサブスリーとか挑戦するかもしれないけど、今は筋トレにハマっちゃってるからなあ。。

 

まあ今はもう、私は基本マラソンのタイム向上とか筋肉ムキムキにするとかよりも、健康第一が目的で運動してるんで。

それでも相変わらずほぼ毎日1日平均7kmくらいは走ってますけどね。

10kmも走れれば十分って感じなので。

 

まあ人それぞれですけどね。

「人生フルマラソン」みたいなのも、毎日目的もなくダラダラ生きてるよりかは断然マシですからね。

 

 

スポンサーリンク

フルマラソンの練習で、私が1番効果を感じた練習方法

一応最後に、私がフルマラソンの練習で1番手応えのあった練習方法を書いておきます。

賛否両論あると思うので、参考程度にして下さい。

 

それは、本命の大会の2週間前にフルマラソン大会に参加して全力で走ること。

この2週間前のフルでタイムはともかく、終盤きつくても止まりたくても最後まで力を出し切ります。

そして、そこから本命の大会までに一気に身体を超回復させて万全な状態に仕上げて本番に挑む。

私はこれで自己記録更新できました。

 

この本命の大会の2週間前のフルは、なるべくコースがアップダウンなどきつい方がいいですね。

きつければきついほど、2週間後の本命のレースが楽に感じるはず。

記録を狙う本命の大会は、なるべく坂の少ない平坦なコースにした方がいいですよ(笑)

 

2週間前じゃなくて3週間前とかでもいいと思います。

1週間前だとちょっと、短いかな。

25歳以下とかで、若くて回復力早ければいいかもしれないけど。

逆に50歳以上とかだと、中2週間だとちょっと厳しいかもしれないけど。

 

30km走や40km走など1人の練習では中々全力では練習しにくいと思いますが、

大会ならお金も払ってますし、沿道の応援やエイドも充実しているので、

いつも以上に力を発揮できると思います。

 

難点はちょっとお金かかることかな。

気になる方はお試しあれ。

 

サブスリー挑戦(フルマラソン)を止めてよかったことのまとめ

いやあ、なんか思ってた以上に長くなってしまいましたね。

それだけサブスリー諦めて(フルマラソン止めて)よかったってことなんでしょうかね。

 

ランニングに対しても考えが変わるいい機会になりましたし。

筋トレも再開できたし。

よかったよかった、めでたしめでたし。

と言い聞かせる(笑)

 

でも私超気まぐれなんで、1年後に再度フルマラソンにハマってる可能性も否定できませんけどね(笑)

でも筋トレは捨てられないしなあ。

ランニングと筋トレの両立は、こういった面でも難しいですよねえ。

 

まあこのランニングと筋トレをバランスよくやってる今が、

今まで30年以上生きてきた中で1番身体の調子がいいので、

しばらくはこの組み合わせでいこうかと思っています。

 

いや~、「諦めること、止めること」に感謝だな。

サブスリー一歩手前で立ち往生している方、いっそのこと諦めてみてはどうですか?

すんげえ、スカッとするぜえ。

 

そして、その浮いた時間や労力を筋トレに回して細マッチョになろう。

すんげえ、体調よくなるぜえ。

 


-ランニング

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.