ライフフィットトレーナー購入

3Dエクサウェーブ 星5つ☆☆☆☆☆

ライフフィット(LIFEFIT)トレーナー購入!軽量、静音性、防振性、スピードが速いのが特徴

更新日:


先日、富士メディックのライフフィットトレーナーFA001を購入しました。

先に結論から言ってしまうと、買ってよかったです。

 

実は、すでに私は別の振動系マシンの、リッコーの3Dエクサウェーブを所持しています。

正直、3Dエクサウェーブの振動(シェイクモード)と大して変わらないんじゃないかと思っていました。

が、実際使ってみると両者全くの別物でした。

 

そこで今回はライフフィットトレーナーを使ってみた感想を書きたいと思います。

思いのままに書きますので、よろしければ是非参考にしてみてください。

 

ライフフィットトレーナーと3Dエクサウェーブの違い、比較などについては別の記事で書いています。

3Dエクサウェーブ単体についてもこちらの記事なんかでいろいろ書いていますのでよろしければご覧になって下さい。

 

 

 

ライフフィットトレーナーYouTube関連動画

ライフフィットトレーナー紹介動画

 

 

篠原涼子、米倉涼子、倖田來未、高梨沙羅さんら愛用!

ライフフィットトレーナー購入理由

ライフヒットトレーナー本体リモコン説明書電源コードゴムバンド

 

まず今回ライフフィットトレーナーを購入した理由ですが、単純に気になっていたからです。

今出ている振動系マシンでは1番人気があり売れていると思います。

先に別の振動系マシン3Dエクサウェーブを購入していたのですが、

当初、振動系マシンを購入するにあたって

ライフフィットトレーナーか3Dエクサウェーブにするか結構迷ったんですよね。

 

欲しかったのは3Dウェーブモードがある3Dエクサウェーブだったのですが、

いかんせん値段が高い!

まあでも後悔したくないので欲しい方を選びました。

結果は、過去の記事でも散々書いていますが、買ってよかったです。

完全にハマってます。

 

で、もう1つ人気があるライフフィットトレーナーの方も気になっっちゃったんですよね。

もし期待外れの機能だったら親にでもプレゼントすればいいやと思って購入しました。

が、使ってみるとこれはこれで3Dエクサウェーブとはまたちょっと違う振動なんですよね。

正直使ってみてすぐに気に入ってしまい自分で使い続けています。

 

本体サイズ

それではライフフィットトレーナーについて書いていきます。

まずは本体、サイズ、重さ、振動、騒音などについて。

 

サイズは、およそ幅73.0cm、奥行44.2cm、高さ14.8cmです。

重量は約14.3kg

最大荷重90kg

 

まず本体についてですが、リモコンもそうですが、これは思っていたよりもチープでしたね。

ただ使っている時は不安定とか、もろいとかは全く感じないです。

 

リモコンは余計なボタンもなく操作しやすいです。

ただ本体の操作は基本リモコンのみで操作します。

一応本体には電源ボタンのみありますが、

その名の通り電源のONOFFしかできません。

 

つまりリモコンをなくしたり、故障した場合は新たに購入しないと操作できません。

これはちょっと残念ですね。

リモコンの方が操作しやすいですが、

万が一の時のために本体のみでも本体でも操作できるようにしてほしかったです。

 

サイズに関してですが、特に大きい小さいとは感じませんでした。

妥当な大きさかなと。

ただちょっと気になるのは横幅ですね。

やや狭く感じる。

もう5cm~10cm幅があるとよかったかな。

まあそうなると少しスペースとりますけどね。

 

重さは、、、軽い!

14.3kgというと普通に考えたら重いと感じるかもしれませんが、軽いっすねえ。

まあ重さに関しては人それぞれ感じ方が違うでしょうが。(私は力はある方です)

先に購入した3Dエクサウェーブが22.5kgあるのでそれと比べると

どうしても軽いと感じてしまいますね。

この本体が軽いというのはかなりのメリットに感じます。

 

 

振動について

振動についてですが、これもいい意味で予想を裏切られました。

身体に伝わる振動は、しっかり身体に伝わります。

それと振動が気持ちいいという感覚もあるし、「伝わってるな、効いてるな」という感覚もあります。

 

そして他によかったのが、身体にしっかり振動が伝わるのに

床や部屋全体にはあまり振動が伝わらない(響かない)んですよね。

 

ちなみに1番振動が弱くてスピードが遅い「スピード1」ではもちろんですが、

最速の「スピード32」にしても、さすがに多少は床などに響きますがそこまでは響かない感じです。

 

スピード16~24くらいまでなら床や部屋に伝わる振動はそんなに気になりません。

スピード24~32くらいにすると場合によっては使用する場所を選ぶかなといった感じです。

ガタがきてる床や部屋でない限りはスピード32でも使用できます。

 

動作音

静音性も優れています。

 

動作音は静かで騒音も気にしなくていいレベルです。

少なくともうるさいとは感じないですね。

エアコンの室外機なんかの方がよっぽどうるさいです。

 

例えば、スピード1だと周りや隣の部屋にはもしかしたら使用していることも分からないかもしれません。

階下には何か電化製品使っているなくらいには伝わりますね。

 

さすがにスピード32だと少し状況が変わってきますが。

それでも隣の部屋とかからしたらほとんど気にならないレベルです。

気になるようでしたらなるべくスピードを落として使用するなどしましょう。

 

スピード1~16くらいまでは動作音や外部への振動はそれほど変わらないです。

スピード16以上にすると少しずつですが動作音も外部への振動も大きくなってきます。

 

ただスピード1でもスピード32でも、動作音など「大差」はありません。

もちろんスピードや(身体への)振動自体は、スピード1と32では雲泥の差ですけどね。

 

ただ敢えて言うのであれば、音で1つ気になるのがリモコンの操作音ですね。

何かボタンを押すたびに「ピッ」っと音が鳴ります。

スピードを1上げるだけでも「ピッ」っと鳴ります。

 

なので最初はスピード1からなのでスピード32まで上げた場合、

32回「ピッ」っと鳴ってしまいます(笑)

私はほぼ気にしてないですけどね。

 

振動系マシンというとどうしても騒音や静音性が気になるかと思われますが、

このライフフィットトレーナーはスピードと(身体への)振動の割には、

(外部への)防振性と静音性にとても優れているなと感じました。

 

ライフフィットトレーナーサイド

↑本体の下にあるマットは付いていません。防振や防音のために1枚底に敷く厚めのマットの購入をおすすめします。

 

 

機能

続いて、ライフフィットトレーナーの機能や使用感などについてです。

 

まず振動モードについてですが、こちらは1種類の振動モードのみです。

本体が上下に揺れる振動です。

左右や3Dのように立体的には揺れません。

 

そして、ライフフィットトレーナーは最大で10分までしか利用できません。

使用して10分すると止まる前に終了の合図で、1度音が鳴って徐々に止まっていきます。

説明書には10分使用したら最低2時間空けてくださいと書かれています。

 

ただ10分終わったらまたすぐに10分、またすぐに10分と、、、使っても特に問題はないです。

普通に続けて休まず1時間くらい使っていますが、本体が熱くなったりとか特に問題はないです。

どうしても気になる方は2時間空けてもいいとは思いますが。

 

プログラムモードは5種類あります。

それぞれ1分ごとにスピードが変わっていきます。

私はその都度自分好みのスピードで使用したいのでマニュアルモードしか使っていません。

 

スピードは1~32までボタン1つで使用中も自由に変えられます。

スピードを上げることはもちろん下げることも可能です。

私は音や床などの振動も気になるし、最初はしばらくスピード1~8くらいでもいいかなと思っていましたが、

音も振動もあまり気にならないレベルだったので、今は主にスピード8~16くらいで使用しています。

 

 

使用感

続いて使用してみた感想です。

 

まずスピードについてですが、最速のスピード32は思っていたより速いですね。

スピードに関しては特に不満はないです。

 

(身体への)振動についてですが、こちらはスピードに比べるとそれほどでもないです。

スピードは速いけど、それに比べると身体への振動(揺れ)はやや弱いかなといった感じです。

ややパワー不足という感じですかね。

これは本体重量なんかも影響していると思います。

 

ちなみに振動がやや弱いというのは3Dエクサウェーブ(シェイクモード)と比べた場合です。

まあでもしっかり揺れますけどね。

振動に関してはぼちぼちといった感じでしょうか。

 

スピード8~16くらいで軽く膝を曲げて1日30分~1時間程使用しているのですが、結構脚にきます。

私はライフフィットトレーナーを使用するまで、3Dエクサウェーブをほぼ毎日1時間弱使用していたので

ある程度脚は鍛えられていたはずです。

なので振動マシンに脚が慣れているはずだからそこまできつくないだろうと思っていました。

 

ところがどすこい!

結構脚が疲れます。

ちなみに私は今はちょっと運動不足気味ですが、体力には結構自信がある方です。

 

これはやはり3Dエクサウェーブとは振動が違うから脚への刺激される箇所も違うってことなんでしょうね。

まあ3Dエクサウェーブは1番遅いスピード1ばかりで使用していたというのもあるかと思いますが。

最初はさすがに2台は必要ないかなと思っていましたが、併用も悪くはないですよ。

 

ただ筋肉痛は今のところきてないですね。

もう少しスピードを挙げたり、腕立て伏せやつま先立ち、スクワットなどを

やったりすれば少しは筋肉痛がくるとは思いますが。

 

まああんまり筋肉痛や、しっかり鍛え込むのを目的にライフフィットトレーナーを使用してはいませんしね。

みっちり鍛えたいなら、走ったり、マシンで鍛えた方が効率的です。

 

それと本体の片側に体重をかけるとワッサワッサと動作が不安定になりますので注意しましょう。

重心が中心に来るように使用した方がよいです。

 

ちなみにライフフィットトレーナーは最大荷重が90kgですが、

体重60kgの私が使ってみても動作が鈍くなることは全くありませんでした。

当たり前と言えば当たり前ですが。

 

 

裏技

ライフフィットトレーナー底面

 

あとこれちょっと裏技というかややどうでもいいことなんですが、

実は3Dエクサウェーブのリモコンで、ライフフィットトレーナーを操作できます。

逆も然りで、ライフフィットトレーナーのリモコンで、3Dエクサウェーブを操作できてしまいます。

 

いや、最初からこんなこと試そうとは思っていなかったんですよ。

ちょっと、2台を同時に試してみて乗り比べしている時に間違って

3Dエクサウェーブのリモコンでライフフィットトレーナーを操作しちゃったんですよ。

「あっ、間違えた」と思ったら、、、動くし(笑)

 

それぞれ電源のONOFFだけでなくスピードやマニュアル、プログラムの操作なども全部できます。

まあでもこれ、ほとんどどうでもいいことなんですよね。。

 

参考になるとしたら私みたいに2台とも所有していて、

尚且つどちらかのリモコンが壊れたりなくした場合くらいですからね。

まあでも念のため、ちゃんとそれぞれのリモコンでそれぞれのマシンを操作した方がいいですけどね。

 

メリット&デメリット

最後に私が感じたライフフィットトレーナーのメリットとデメリットをまとめたいと思います。

 

メリット

・本体が軽い

・動作音が静か

・外部への振動が小さい

・身体への振動は心地よく、しっかり伝わる(効く)

 

デメリット

・作りがややチープ

・本体の横幅が少し狭い

・本体をリモコンでしか操作できない(電源ONOFFは除く)

・値段がやや高い?(安くはないかな)

 

ライフフィットトレーナーまとめ

正直3Dエクサウェーブを購入した後にライフフィットトレーナーを購入したので、

そこまでは期待してなかったんですよね。

 

ただ上記でも書きましたが、3Dエクサウェーブよりも動作音が静かで、

身体にはしっかり振動が伝わるけど、床や部屋全体にはあまり響かないんですよね。

この点は非常に優れていますね。

 

そして、やはり14.3kgは他の振動系マシンと比べても軽いです。

14kgか20kg以上かで全然違います。

毎回2、3m移動するだけでも、この差は大きいと思います。

ほとんど移動しなければあまり関係ないかもしれませんが。

 

ライフフィットトレーナーには中々いい意味で期待を裏切られましたね。

 

 


-3Dエクサウェーブ, 星5つ☆☆☆☆☆

Copyright© 超サイヤ健康人 フルマラソンサブ3とベンチプレス100kgを目指さないブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.