運動

運動を続けるコツ

更新日:


「運動を始めるコツ」に続き、今回は「運動を続けるコツ」です。前回は、食事、運動、睡眠はセットで考えるべきとお伝えしましたが、この考えは生きてく上でかなり重要です。

 

多くの方は毎日、大体決まった時間に食べて、寝ているかと思います。または食べたくなったら食べる、眠くなったら寝るという風に。ただ定期的に決まった時間に運動をする、体を動かしたくなったから運動するという方はそう多くないはずです。そして続けているとなると尚更。

 

運動を長く続けるコツはズバリ、毎日の生活において運動することを強く意識することが大事です。もっと言えば、日常生活において運動の優先順位を上げることです。

 

食事においては30分とか、睡眠は7時間とか誰でもある程度時間をかけますが、運動(デスクワークや日常生活は基本除く)はしない人は全くしません。それは運動に対しての意識と日常生活においての優先度合いが低いからです。これらの意識が低いとやる気すら起きません。というより頭の中に運動をするという概念すらない人が多いです。

 

前回の「運動を始めるコツ」でもお伝えしたようにまずは運動の重要性、メリットを理解して、そして日常生活において優先順位を上げて、強く意識する。これらを意識するだけで運動に対して好き嫌いはともかく少しは考えが変わるはずです。

 

そして、やってみようと思いましたらできるだけすぐに始めてください。10分のウォーキングとかでしたら軽く準備すれば始められるはずです。いや、準備さえしなくていいです。私服でもいいです。取り敢えずやってみるとそこからまたさらに考えが変わるかもしれません。

 

そして、何より続けるのが難しいという人は多いと思います。1年を通して何日かはやるんだけど継続できない。運動するのを阻む要因は結構あります。代表的な忙しい、時間がない、疲れてる、の他に着替えなど準備が面倒くさい、ジムまで行くのも面倒くさい。ウォーキングなど外でやる場合は天候的なものも厄介です。暑い、寒い、雨、風、雪、花粉など。

 

やる気はあっても、これらの要因でやらない、続けられないという方も多いはずです。つまりこれらの運動するのを阻む点をクリアできれば続けられるはずです。そこで私なりのそれぞれの対処法をお伝えします。

 

まず、忙しい、時間がない場合についてですが、本当に1日15分も時間が取れないというような方は少ないはずです。もし仕事や育児などで全く時間がない場合は今は無理してやらなくてもいいかと思います。時間に余裕ができたらやってみてください。忙しい=多少なりとも活動量(カロリー消費)はあるはずですから。ただ食べ過ぎには注意してください。

 

そして、もし時間がなくて運動できない方で、スマホやゲーム、ネットサーフィン、テレビ、漫画など趣味、娯楽、遊びなどに時間を費やしている方はそれらを少し削ってでも運動の時間に充てるべきです。それでもそういった時間を減らしたりできない方は、生きる上で本当に重要なことは何かよく考えてみるといいです。

 

ゲームや、テレビを見なくても死にはしません。食べなければ死にます。寝なければ死にます。数日運動しないで死ぬことはありませんが、運動しないことを当たり前のように何年も続けていると体の様々な機能が衰えて老衰していきます。1日単位ではあまり変化を感じにくいのですが、これは思っている以上です。

 

こうお伝えしても、自分はスマホ、ネット、ゲーム>運動だという方もいるでしょう。後々、気づいて後悔する確率が高いですが、ストレスにもなるので無理して運動をやる必要はありません。無理しないこと、生きたい様に生きることも大事です。ただ騙されたと思って1日でもいいので運動してみてください。万が一、全く何もメリットを感じなかったら運動は止めた方がいいです。

 

仕事などに限らずきつめの運動をした翌日など疲れている場合は、基本的に無理はしないでください。ただウォーキングなど軽めの運動は余程疲れていない限りそんなに問題ありません。むしろ積極的休養と言ってウォーキングやジョギングなどで軽く動いた方が疲れが取れやすくなります。

 

私事ですが、毎日のように運動していると、たまに疲れている、眠い、だるい、やる気が起きない、多分動けないというように思う時があるのですが、実際やってみると思いの外、動けることが多いです。

 

そして運動している時は疲れとか眠気はあまり感じません。でも10日に1回くらいは体が重い、やらなくても良かったかなという時はあります(笑)。逆に調子が良くても思うように動けない時もたまにありますし。体って分からないですね。

 

着替えや準備ですが、着替えは私も面倒くさいとしか思いませんよ(笑)特に夏場なら軽装なのでまだしも、冬は室内着も運動着もそれなりに着込んでいますから脱いだり着たりが地味に面倒くさいです。これはもう仕方ないです、というよりこの程度で止める様では続くわけがありませんので。「仕事や学校に行くのに着替えるのが面倒くさいから行かない」、と言っているようなものです。

 

ストレッチなどの準備運動やクールダウンも私はあまり好きではないですね。体を温めるのとケガ予防でやっていますが。実際、ランニングで2度肉離れを経験しているので、今は気を使っています。特に寒い時期は怪我しやすいので入念に行った方がいいです。

 

ウォーキングなどの軽い運動であれば、軽くストレッチするくらいでもいいかと思います。ストレッチなどすることによってパフォーマンスや疲労度合いも違ってきますから運動とセットで考えるようにしてください。

 

ちなみにジムには別に通わなくていいかと思います。ジムが好きというなら別ですが、通うだけでそれなりに時間もかかりますし。私もここ何年かは通っていません。ジム通いに関してはまた別の記事で書くつもりです。

 

そして、天候的な要因ですね。これは外で運動する多くの方が挫折してしまう、運動から遠ざけてしまう要因となっているのではないでしょうか?これももう仕方がないですから、四季を楽しむくらいの気持ちで割り切りましょう。

 

雨の日は運動しなくてもいいと思いますが、夏は日中は避けて朝や夜など涼しい時間帯に運動するようにしましょう。日差しがあるかないかでだいぶ違います。冬は逆で日中の暖かい時間にした方が良いでしょう。夏と冬はジムなどの空調の効いた室内でするのも良いかと思います。

 

ちなみに私は天候関係については強いです。1年中ほぼ毎日外で運動するのが日課になっていますから、暑かろうが寒かろうが花粉が飛んでいよう(花粉症持ちです)が走ります。ちなみに雨でも構わず走りますよ。アホかと思われるかもしれませんが、大雨でも台風でも雪が降っても走ります。

なぜそこまでするかって?決まってるじゃないですか。1日運動しないだけでも身体が劣化するからです。いい意味での運動中毒ですね。運動は一生の友達だ。

 

ただここまではしなくてもいいと思います。雨が降った日は休む、または室内で筋トレするくらいでいいかと思います。ただ雨は年間通してそれなりに降られますけど、意外と走ってる時は気にならないもんですよ。特に夏なんかは気持ちいいくらいです。どうせ汗びっしょりになるし。冬はあまり雨降りませんけどさすがにきついですけどね。。いずれにせよ風邪には注意しましょう。

 

ちなみに花粉は運動している時はほとんど気になりません。交感神経が関係しています。これもまた別の記事で。

 

1年間運動を続けられれば、3年、5年、10年と続けるのも難しくないと思います。あとは長期間継続するという意味で効果が強いなと思うのは、将来動けなくなる、歩けなくなるまで運動を続けると予め決めてしまうことです。食事、睡眠同様に、運動も毎日やるのが当たり前というような考えを持つことです。私は実際このような考え方です。ただこれはかなりの覚悟が必要かと思いますが。

 

私の場合、ランニングは現在まで7年、運動という括りでは怪我など多少のブランクはあれど幼少期から30年程継続しています。私が運動をやる(継続する)理由は昔はただ単に好きだから、やりたいからという気持ちが強かったです。が、今はそれ以外に、健康のため、体力増進(維持)、いつまでも若くいたい、そしてここ数年は特に体の中も変わるなということを強く実感しています。

 

例えば、免疫力、内臓、脳力、血管、血圧、ストレスなどですね。そして運動の良さ、体に与える影響などを実際に長年実践して体感して深く理解しています。もうそれこそ運動によって人間、人生変わるといってもいいくらいです。

 

昔の人は今以上に遥かによく動いていました。動かざるを得ない時代だったということもありますが。体力があったのはもちろん、生活習慣病になる人も少なかったです。

 

もう生まれてきた以上、毎日運動しなければならないくらいに思った方がいいですよ。普段あまり気づかないかもしれませんが、そうして生きていかないと色々損しますよ。運動しないで浮くのは時間と少々のお金くらいです。続けることができてしまえば、しめたものです。運動による様々な効果を実感しているでしょう。その時にはきっとあなたの生活において、運動はなくてはならないものとなっているはずです。


-運動

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.