ダイエット

新常識!?食べる順番ダイエット 野菜より肉類を先に食べた方がいい?

更新日:


食べる順番ダイエットについては以前に別の記事でお伝えしました。

 

食べる順番ダイエットは、一般的に野菜(食物繊維)→肉魚類(タンパク質)→米パン麺類(炭水化物)の順番で食べると血糖値の上昇を緩やかにして、体重増加を抑制したり脂肪を付きにくくしたりする効果があります。

 

私も数年前から実践していますが、順番は変わっても食べる量自体は変わらないので3kg4kgも変わらないと思いますが、習慣化して実践するかしないかで長い目で見て、~1kgくらいは違うのかなと実感しています。もっと効率よくダイエットしたいのなら食事制限と運動の組み合わせがベストです。

 

そして先日入手した情報によると、野菜よりも肉類を先に食べた方が効果があるようなのです。肉類に含まれるインクレチンというホルモンが食後の血糖値の上昇を抑制する働きがあるようです。肉類以外の魚や卵などの蛋白源については分かりません。

 

効果といっても食べる順番なので僅かな差でしょうが。ただこういった小さなことでもコツコツ積み重なると後々差が出ます。私はそんなに肉類を食べるわけではないですし、まだ試していませんが、やってみて効果があったらまたお伝えいたします。

 

それと果物の食べる順番についてですが、個人的には1番最初がいいと思っています。果物は消化吸収が早いので、食後のデザートのように1番最後に食べると、消化に時間のかかる肉、魚や炭水化物などの消化を待たなければいけないので、消化吸収されるまで時間がかかってしまいます。栄養補給という意味でも、1番最初に食べて早々と体内に吸収された方がよいでしょう。

 

またヨーグルトなんかも果物と同じ考えでよいかと思います。


-ダイエット

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.