相撲

大相撲春場所幕内優勝、十両優勝、三賞予想 白鵬復活か!? 稀勢の里は苦戦必至?琴奨菊大関返り咲きなるか?

更新日:


今週の日曜日3/12に大相撲春場所初日を迎えます。

そこで今回は、かなり適当ですが幕内優勝、十両優勝、三賞予想、今場所の展望などを書きたいと思います。

あくまでも個人的な予想なので、好き勝手に書かせていただきます。

 

まずはそれぞれの予想です。

・幕内優勝

本命・・・白鵬

対抗・・・照ノ富士

ダークホース・・・高安

大穴・・・北勝富士、栃煌山、宇良

 

・十両優勝

本命・・・小柳

対抗・・・朝乃山

ダークホース・・・大砂嵐、天風、大奄美

 

・三賞

敢闘賞・・・北勝富士、栃ノ心、栃煌山

殊勲賞・・・高安、御嶽海

技能賞・・・荒鷲、宇良

 

う~ん、こんな感じですかね。

幕内優勝はかなり適当です。というか地味に予想が難しい。

本命・白鵬の対抗として、稀勢の里など3横綱を挙げたいのですが、それじゃつまらないですからね。

白鵬は横綱になってから初めて4場所優勝から遠ざかっているのと、

久々に大横綱の本領を発揮しそうな感じもするので。

ただ今場所も10勝前後の成績や、場合によっては途中休場などもあるかもしれません。

今年の下半期になるかもしれないですが、今年中にどこかで復活(?)の優勝があると思うんですよね。

 

注目の新横綱・稀勢の里は期待してるんですが、優勝は何となくないような気がする。

新横綱の優勝は過去の例を見ても、なかなか難しいのもあります。

どうなるのか楽しみですね。

鶴竜と日馬富士については全く分かりません。

どちらも優勝はなさそうだけど。あるとしたら確変の日馬富士かな。

 

それ以外では今場所注目しているのが、大関から陥落した関脇・琴奨菊と角番大関・照ノ富士ですね。

琴奨菊はどうでしょうかね。

10番以上勝って大関復帰か、負け越しかだと思うんですけどね。

なんとなく後者かな。

最近は関脇以下の上位陣が皆、力ありますからね。

琴奨菊にとっては、照ノ富士などと違って同部屋の関取が上位にいないのもつらいですね。

 

そして、照ノ富士ですが、こちらは何だかんだで勝ち越しそうかな(笑)

ただ注目されてない分(?)、早々と勝ち越しを決めると波に乗って優勝争いする

ことも考えられなくはないので「対抗」としておきました。

照ノ富士も日馬富士なんかと同様、強い時は強いですからね。弱い時はめっちゃ弱いけど。

 

あとはこちらもまた分からないのですが、関脇の高安ですね。

この力士も調子いい時は本当に強いので波に乗ると怖そう。

あとは現時点ではこの力士が1番大関に近いと思うので、もし近々大関になるなら

今場所が大事になってくるので、優勝は厳しくても、次点で12、3勝はもしかしたらあるかもなと。

でも今場所は9勝か10勝で来場所につなげて、来場所13勝くらいして大関というのもありそうですね。

ようやく日本人新横綱誕生で、次の大きな話題は大関獲りですかね。

高安も琴奨菊や照ノ富士らと同様に、伸るか反るかといったところですかね。

 

スポンサーリンク

 

あとは優勝はないだろうけど、先々場所の石浦みたいに優勝争いに絡む可能性がある力士としては

平幕の北勝富士、栃煌山、宇良あたりですかね。

 

北勝富士は期待の若手ですね。個人的には十両の小柳と同じくらい期待しています。

強いですね。圧力もある。今場所は上位と当たるかどうか微妙な番付ですね。

今横綱、大関と当たって負けたとしても、それなりにいい勝負できるんじゃないかな。

近々三役にはなるでしょう。

北勝富士や小柳はどちらかは大関になるんじゃないかな。

その前に高安かなあ。

 

栃煌山は最近上位で影を潜めていますが、幕内中位から下位では二ケタ勝てる力は充分あります。

この力士は今まで何度か優勝が狙えそうな場所があったんですけどね。

なんかここぞという時に弱いんですよね。

 

宇良は大勝ちよりも、相撲内容を期待しています。

二桁勝っての技能賞はあるんじゃないかな。

こういった予測不能なトリッキーな取り組みをする力士は

幕内には中々いなかったのでかなり注目しています。

あと、土俵際の粘りも凄まじくいろいろ見どころが多いですね。

 

他にも御嶽海や貴ノ岩あたりは力を付けているので要注目ですね。

御嶽海も将来の大関候補の一人ですね。

高安同様、日本人とフィリピン人とのハーフというのもちょっと気になりますね。

この2人が揃って大関になることも充分にあり得ますね。

 

3年~5年後には今の横綱も何人か引退していると思うので、

その頃には今とはだいぶ勢力図が変わっていそうですね。

もしかしたらモンゴル旋風がひと段落するかもしれませんね。

今後、東南アジアの関取とか増えたら盛り上がりそう。

10年後、20年後とかなら有り得なくもないかな。

 

あとは地味に力を付けている関脇・玉鷲ですね。

こちら只今、確変中といった感じですかね。

1年前の嘉風の状態に似ている気がする。

確変中とかではなく、もし大関とかになったらすみません。

まあでも、この半年くらいで一気に伸びてきましたよね。

笑顔がかわいいから好き、玉鷲ちゃん。

 

三賞予想も、二ケタ勝てそうな力士を並べてみました。

これ、関脇の琴奨菊が10勝以上したら、何か三賞貰えるかな?

取り合えず、近年にないほどいろいろ注目度の高い場所になりそうですね。

稀勢の里優勝、琴奨菊大関復帰、照ノ富士大関陥落とかすべて起こったら、かなりぶっ飛びそう(笑)

もし琴奨菊がまた優勝したら、もうひっくり返りそう(笑)

でも、最近は何が起こるか分からない場所が多いですからね。

そう考えると、照ノ富士や琴奨菊の優勝もあるかもしれませんよ。

 

十両の優勝予想は意外と自信があります。

まあでも外れるだろうけど。なんだそれ(笑)

 

優勝候補筆頭は、小柳かと。

先場所はやや期待外れの8勝7敗でしたが、力は幕内中位レベルはあると思うので

優勝できなかったとしても2ケタは充分狙えるかと。

2桁勝てば新入幕も見えてきますからね。

この小柳は、怪我など余程のことがなければ1年後には三役になっててもおかしくないと思っています。

大輝改め北勝富士のように、小柳改め「~~~」になってるかもしれませんが(笑)

 

対抗としては、石橋改め朝乃山ですかね(笑)

若くて体も恵まれているので、この力士も将来を期待できますね。

2桁白星は十分狙えるかと。

 

あとはまあ、十両特有の星の潰しあいですかね。

力のある大砂嵐や天風あたりも波に乗れば大勝ちするかもしれませんけど。

先場所新十両で2桁10番勝った大奄美あたりもちょっと不気味ですね。

あとは十両下位と幕下上位の里山、北大樹、安美錦、豊ノ島あたりのベテラン勢には頑張ってもらいたいですね。

幕内最年長・豪風関を見習って。

 

今週から始まる大相撲春場所、いつも以上に楽しみです。


-相撲

Copyright© 超サイヤ健康人 フルマラソンサブ3とベンチプレス100kgを目指さないブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.