怪我

腸脛靭帯炎でランニングを3週間休んだら、体重は変わらなかったけど体脂肪率が3%増えた

更新日:


11.4%

右膝が腸脛靭帯炎になってから3週間、走るのは完全に止めて週2回の1回あたり3kmのウォーキングと週2回の筋トレのみ運動は行ってきました。私の1日の生活スタイルは基本的に座っている時間が長く、活動量が極めて低いです。よって意識して運動を入れないとかなりの運動不足になってしまいます。

その間、体重や体脂肪率は気にせず1度も測定していませんでした。当初決めていた通り、ようやく明日からランニングを再開するのでその前にちょっと体重や体脂肪率を計ってみました。

正直、食べ物や食べる量、普段の生活は変わっていないのですが、運動量が減った分、2、3kgの体重増加は覚悟していました。ただ筋トレは怪我をする以前よりもしっかりやっていたので体脂肪率然り、そこまで体質は変わってないんじゃないかなと思っていました。上半身なんかはしっかりやっていたので以前より筋肉付いてると思うし。

で、測定してみた結果、体重は全くと言っていいほど変わっていませんでした。が、体脂肪率が怪我をする前より3%ほど増えて11%台でした。体年齢も3歳アップして18歳から21歳に。

21歳

う~ん、ほっとした気持ちと残念な気持ちとで、ちょっと複雑な気分です。まあでも、体重が増えるよりかはいいかな。

こういった生活をもう1か月、2ヶ月したら体重が増えたりまた変わるんでしょうね。しないけど。

今回の怪我で、3週間ですけど走れなくて分かったのは、やはり有酸素運動の重要性ですね。

筋トレなどの無酸素運動をそれなりにやっても、ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動が少ないと脂肪はなかなか落ちない。私が今まで体脂肪率一桁をキープできていたのは、適度な筋トレもそうですが、毎日の10km弱のランニング(有酸素運動)の影響が大きかったのだと思います。

まあそれでも筋トレは筋肉付くし、基礎代謝も上がって太りにくい体になるので、やった方がいいのは間違いないですけど。

あとはやはり食事もでかいですね。体重が増えなかったのは食事の影響が大きいです。

ただ私の場合、毎日のランニングのような刺激がないと少しダラケ気味の生活になってしまいますね。

今回の怪我で、私にとってランニングは毎日の生活をより充実してくれるものなんだなと改めて実感しました。

よっしゃ、明日から走るぞお。最初はゆっくり、徐々に徐々にペースアップしていくつもりです。2月半ば~後半には怪我する前の状態に戻れるのではないかと思っています。

これでまた走ってみて違和感とかだけは勘弁ですよ、本当に。私の勘では95%問題ないと見ていますが、さてさて。

それにしても体脂肪率二桁は納得いかないな。それでも11%台ならまだ低い方だろうけど。


-怪我

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.