takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い

ランニングシューズ

takumi ren BOOST3WIDEとtakumi sen BOOST3の違いを徹底比較!1番の違いはクッション性!

更新日:


せっかく、takumi ren BOOST 3 WIDEtakumi sen BOOST3を購入したので、

それぞれの特徴や、私なりに感じた違いなどを書きます。

 

型番はそれぞれ、「CM8241」と「CM8250」というモデル。

どちらも最新の2018SSモデルです。

カラーはそれぞれ、ホワイト系オレンジ系です。

ちなみに私は、ren3は26.5cmを、sen3は27.0cmを購入しました。

 

renBOOST3WIDE「CM8241」はこちらの記事で、

senBOOST3「CM8250」はこちらの記事でレビューしています。

 

まず先に軽く特徴などまとめます。

 

・takumirenはフルサブ3.5、takumisenはサブ3レベル

・senは足幅ワイドタイプがない

・senは思ってたほど横も縦も小さくないしきつい作りではない

・senは中敷きが取れない

 

・どちらも軽く、senの方が10gほど軽い

・renの方がクッション性が優れていて、脚が疲れにくい

・どちらも走りやすい

 

・フルサブ3.5の私にはrenの方が合っている

renとsenは全くの別物

 

こんな感じですかね。

 

基本的なこと以外に関しては、

あくまでも私が使用してみた感想ですので、参考程度にお願いします。

 

今回、renシリーズとsenシリーズをそれぞれ初めて購入したわけですが、

1番感じたのは「ここまで両者違うのか」ということですね。

 

重量なんかもそうだけど、使用する前までは両者大した差はないだろうと思っていたんですけどね。

正直サブ3とサブ3.5の中間くらいの私には、どちらでもいいんじゃないかあと思っていましたが、

そんなことは全くありませんでした。

 

私には断然renの方が合っていました。

「renは私に合いすぎ」、「senはあまり合わない」、といった感じです。

senも走りやすいし、練習内容次第では全然使えないことはないですが。

 

私くらいの走力(フル3時間台前半)で、このrenとsenどちらにするか迷う方も多いかと思いますが、

単純に「今現在の走力」がフルマラソンサブ3レベルなのか、

それともサブ3.5レベルなのかで判断すればよいかと思います。

2時間50分台後半とかぎりぎりサブスリーとかならrenの方がいいと思うかな。

 

調子乗って自分のレベルに見合わないsenを選ばないようにしましょう。

「あ、脚があああ!!!」ってなりますよ(笑)

senを買うのは、レベルアップしてからでも遅くはないです。

 

Amazonで4月17日まで、Adizeroの

「Japan Boost3」、

「Takumi Ren Boost3」、

「Takumi Sen Boost3 」などが

クーポン利用で10%OFF! 

 

更に、4月25日まで別のクーポン利用で15%OFF!

17日までなら合計25%OFFで購入できます!

・「CM8241」は8000円ほどで購入可能!

・「CM8250」は8800円ほどで購入可能!

 

フルマラソン、ハーフ、10kmのレベルで2つを比較

アディダスadiZERO・takumirenboost3wideとsenboost3を比較

 

renはフルマラソンサブ3.5向け、

senはサブ3ランナー向けシューズとのこと。

 

でも、これだけだとちょっと大雑把すぎますよね。。

 

ということで、ちょうどこの中間くらいのサブ3.25の私が使ってみて、

どのくらいの走力レベルのランナーに合っているのか勝手に書いちゃいます。

 

大体ですが~、

takumi ren:フル2時間50分~3時間半、ハーフ1時間20分~1時間35分、10km37分~45分

takumi sen:フル2時間55分以内、ハーフ1時間20分以内、10km37分以内

 

それぞれ、こんな感じのレベルの人に適しているような気がします。

あくまでも私個人の勝手な考えですので、参考程度にお願いします。

 

参考までに私の自己ベストは、フル3時間台一桁、ハーフ1時間24分台、10km38分くらいです。

ちなみに最近は練習で15km以上は滅多に走らないので、今はフルもハーフもまともに走れません。

適当にスピード練習はしているので、10kmは39分台では走れると思います。

 

上記のタイム以外の、フルマラソン3.5時間以上とかサブ2.5クラスの人に合うのかは分からないです。

フル4時間くらいでもrenなら合うかもしれないし、フル2時間30分くらいでもsenは合うかもしれない、

としか言えないですね。

 

なんとなくですけど、フル4時間くらいならrenよりもjapanboostの方が

いいんじゃないかなとは思いますけどね。

 

 

とりあえず言えるのは、10km39分レベルの私にはrenはめっちゃ合ってた。

senはあまり合ってる感じがしない。

 

ちなみに、同じadiZEROのjapanBOOST3も私にはかなり合っています。

スピードにもよりますが、1km4分30秒以内のペースなら私にはjapanよりもrenの方が合ってる気がします。

1km4分30秒~5分00秒ペースならrenもjapanもどっちもどっちかな。

 

参考にしてみてください。

 

takumisenはワイドタイプがない

adiZEROのtakumi sen BOOST3 CM8250

 

最近は足幅がワイドタイプやスリムタイプを取り揃えてるシューズも増えてきましたが、

takumi sen BOOSTに関しては、当初からワイタイプはありません。

takumi ren BOOSTにはワイドタイプがあります。

 

スリムタイプはrenもsenもありません。

アディダスのランニングシューズはどれも、スリムタイプはないみたいですね。

他のアシックスやミズノなどと比べて、アディダスは若干小さめの作りだからでしょうかね。

 

 

上原浩治、槙野智章、武尊、マニー・ラミレス選手ら愛用!

senは思ってたほど小さくないし、きついとは感じない

 

takumisenBOOST3のレビューなんかを見ると、

ちらほら「小さめなのでワンサイズ大きめを購入した方がいい」といったような意見がありますね。

 

で、私は店頭で試着をせずに、senはワイドタイプもないので、

あまり迷わずにワンサイズ0.5cm大き目の27.0cmを購入しました。

 

ちなみに普段私はランニングシューズは26.5cmのワイドタイプを、

普通の靴(スニーカーなど)は26.5cmを履いています。

 

で、senは普段よりも0.5cm大き目を購入したわけですが、、、

小さくはないですね。

縦も横も。

横なんか思ったよりきつくないし。

きつくないどころかジャストフィットだし。。

 

となると、問題は縦ですよね。。

気持ち大きい気がする(笑)

走ってる時は特に気にならないけど、止まって足の先を触ると少し余裕ある感じだしね。

う~ん、サイズをミスったかなと(笑)

 

senも26.5cmでよかった気がするわ。。

senの26.5cmは履いてないので実際どうなのかは分からないですけどね。

縦は26.5cmの方が合ってるはずなんですよ。

横がどうかですよね。

26.5cmは縦はジャストフィットでも横が少しきつく感じる、

なんてことも考えられなくはないですからね。

 

まあよく考えてみたら、自分の足のサイズは27.0cmよりも26.0cm寄りの

26.5cmですからね。

あと、もしかしたら私はそれほど足幅は広いわけではないのかもしれない。

足幅2Eか3Eくらいだとは思うんですけどね。

 

ちなみに、takumirenの標準タイプとtakumisenが同じ足幅E相当ですね。

私はtakumirenは26.5cmのワイドを履いていますが、こちらは縦も横もちょうどいい感じでした。

 

う~ん、普段ワイドタイプを履いていると、takumisenのサイズ選びは迷いますね。

ワンサイズ大きめの方がいいといった意見も結構ありますが、いつも履いてるサイズと同じでちょうどいい

みたいなコメントもありますしね。

 

ちなみに、japanBOOST3も26.5cmのワイドタイプを履いていますが。

こちらはrenよりも横幅が若干きつく感じますね。

もう慣れたからか、走っててきついとまでは感じないですけどね。

私と同じような意見もちらほら見かけますし。

 

adiZEROは、それぞれサイズ感が若干異なりますね。

ただどれも普段履いてるサイズを選らんで大きく外すことはないと思います。

あるとしたらやっぱりsenですかね。

ただ私のsenみたいに無理にワンサイズずらすのも、どうかと思います。

 

私は滅多に店頭で試し履きはしないですけど、

このsenに限ってはできたら店頭で1度試し履きしてみた方がいいですよ。

サイズの問題だけでなく、どのサイズでも合わない人には合わない可能性もあると思いますし。

 

まあとりあえず、思ってたほど小さくきつくはないなと感じました。

多分だけど、私にはsenは27.0cmよりも26.5cmの方が合ってるはず。

まあ特には走ってて気にならないレベルなので、今後も使い続けますが。

小さいの選んで後悔するよりかはマシでしょ。(そんなことない?)

 

次回、takumisenBOOST4とか購入する機会があったら、senも26.5cm購入してみます。

はあ~、26.75cmとかあればなあ(笑)

 

senは中敷きが取れない

takumirenboost3wideの中敷き

↑renは中敷きが簡単に取れる

 

renは簡単に中敷きをとることができますが、

senの中敷きはくっ付いてるのか取れないですね。

無理にはがそうと思えばはがせるかもしれませんが。

結構しっかりくっ付いています。

 

renの中敷きの重量は17.4gでした。

ちょうどシューズの10分の1の重さですね。

 

どちらも軽い、片足10gほどの差がある

タクミセンブースト3ワイド26.5cmの重さ

タクミセンブースト3の27.0cmの重さ

 

重量についてです。

 

まずサイズについてですが、

私はtakumi ren BOOST 3 WIDEは26.5cmを、

takumi sen BOOST3は27.0cmを選びました。

 

それぞれの靴の重量ですが、

takumi renは

右足が176.0g、

左足が175.3g

 

takumi senは

右足が167.2gで

左足が167.9g

 

でした。

 

どちらも左右で0.7gの誤差がありますね。

 

私はsenは普段より0.5cm大きいサイズを選びましたが、

tkumirenと同じ26.5cmならもう3gくらいは軽いのかもしれません。

なので同じサイズの場合、renとsenでは10gか11gくらいの差があると思います。

 

この10gとかってどうなんでしょうかね?

私はほとんど気にならないですけどね。

そこまで1分1秒縮めようという考えではないので。

 

実際走ってても、軽さは違いは特に感じないですしね。

takumisenより50gほど重いjapanBOOST3でsenやrenより少し重いかな?と感じるくらいなので。

私が鈍感なだけか??

 

ちなみに、よく比較される(?)アシックスのターサージール6は、

26.5cmワイドタイプで両足とも158.6gでした。

renよりも片足17gほど軽いですが、やっぱりそこまで違いは感じないかなあ。私は。

 

ちなみに私のお気に入りの順で言ったら、

ren3≧japan3>ジール6>sen3

ですね。

ジール6やsen3が走りにくいというわけではなくて、

ただ単に私のレベルには合ってないだけだと思います。特にsen3は。

 

ジール6なんかは結構走りやすいと思ってますけどね。

キロ3分45秒くらいのペースだと、ren3よりもジール6の方がいいかもしれないし。

これくらいのペースなら、どちらも大きな差は感じないですね。

 

クッション性はrenの方がジール6よりも勝ってる感じだけど。

なんとなく、ジール6はrenとsenの中間くらいなイメージかな。

またはrenとsenを足して2で割ったような感じ。

ジール6も、私のレベルに結構合ってるような気はしてますよ。

 

クッション性について

adizeroのtakumirenとsenのクッション性の違い

 

続いてクッション性の違いについてです。

 

クッション性は、両者結構違いますねえ。

これ、ちょっと予想外でした。

 

renの方がクッション性があり、脚が疲れにくいですね。

senはクッション性が全くないというわけではありませんが、

renと比べるとかなり劣る感じがします。

 

renもjapanBOOST3に比べるとさすがにクッション性は多少物足りなさはありますが、

その割には脚への衝撃を感じにくいというのか。

 

senは明らかに、脚への衝撃を感じますね。

私の場合は、5kmくらいならほとんど問題ないけど、10km以上となると結構脚疲れそう。

 

renもsenも15km以上とかは走ったことがないので詳しくは分かりません。

renも15kmも走ればさすがに脚が少しは疲れそうな気はするけど。

 

クッション性(脚のダメージの少なさ)に関しては私のイメージは下のような感じです。

 

japanBOOST3>ren3>>ジール6>>>sen

 

ちょっと大げさかもしれないけど、分かりやすくするとこんな感じかな。

ジール6も、そこまで脚へのダメージは気にならないですけど。

senも「クッション性なさすぎ!やばい!」ってほどではないですし。

 

正直、renとsenで、ここまでクッション性に差があるとは思ってなかったですね。

なんかこの2つの間に、サブスリーの壁みたいなのがあるように感じるわ(笑)

「サブスリーじゃないやつはsen使うんじゃねーぞ」みたいな。

 

まあ、冗談はさておき。

renとsenの1番の違いはこのクッション性の違いだと私は感じますね。

これは2つとも試着しただけでは分かりにくいと思いますよ。

実際走ってみないと分からないと思います。

 

 

今ならヨガマットスモールが貰える!

走りやすさ

adizero-takumiboost走りやすさ

 

う~ん、どちらも走りやすいですね。

 

私にはrenの方が合っているので、どうしてもrenの方が走りやすいと感じてしまいますが。。

senもクッション性は物足りなさがありますが、走りやすいとは思っています。

 

走りやすさについては、ちょっと比較が難しいですね。

どちらでも自分に合えば、走りやすさを感じることができるかと思います。

 

フル3時間台前半レベルの私にはrenの方が断然合っている

adiZEROのtakumi ren BOOST3 WIDE CM8241

 

私には完全にrenの方がしっくりきますね。

ここまでrenが自分に合うとも思っていなかったです。

 

japanBOOST同様に2年くらい前から使っておけばよかったなとも感じています。

今はフルマラソンは封印してるけど、1度renでフル挑戦したかったな。

 

ちなみに、私はフルはもう2年以上走っていませんが、当時はターサージールばかり利用してました。

まあシューズ変えても、そこまでタイムに影響はしなかとも思うけど。

 

senも私には使い物にならないというわけでもないので、

インターバルや短めの距離で使用していくつもりです。

 

もしかしたら最悪、「renもsenも自分には合わないかな?」という恐れもありましたが、

そうならなかっただけでもよかったです(笑)

 

まだどちらそんなに使ってないけど、ren3はもしかしたらしばらくマイベストシューズになるかもしれない。

今までのベストシューズはjapanBOOST3でした。

そんなにお気に入り度に差はないけど、

ren3の方がjapanBOOST3よりも自分には合ってる気がする。

 

renとsenの違いまとめ

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い

 

まあ、ここまでrenとsenが違うとは、予想外でしたね。

 

senは「サブ3ランナー向け」ってありますけど、

サブ3でも2時間50分台とかじゃなくて、2時間40分台や30分台とか

「余裕をもってキロ3分台ペースで走れるような人が使用するシューズ」なんじゃないのかとさえ思いますね。

 

ということで、renとsenは全くの別物です。

 

個人的には、フル3時間、ハーフ1時間25分、10km40分切れてないレベルの人は、

迷ったらrenの方にしておいた方がいいと思いますよ。

際どいレベルの場合でも、renにしておいた方がよいかと思います。

仮に、senの方が合っていたとしてもrenが全く使えないことはないと思いますし。

 

フル2時間50分以内、ハーフ1時間20分以内、10km37分以内

とかならsenの方がいいかもしれませんが。

 

まあ両者使ってみた私の適当な感覚なので、参考程度にお願いします。

 

またsenはちょっとサイズ感が人それぞれ違うみたいなので、

できたら1度店頭で試着してみた方がいいですよ。

普段履いてるサイズと同じか、ワンサイズ0.5cm大きめかのどちらになるかとは思いますが。

 

 

renとsenの比較写真40枚まとめて貼っておきます

最後にrenとsenを比較した写真をまとめて貼っておきます。

いろんな角度から撮ってみました。

合計40枚です。

 

ホワイト・・・renboost3wide 26.5cm

オレンジ・・・senboost3 27.0cm

 

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い

adiZEROのtakumi ren BOOST3 WIDE CM8241

adiZEROのtakumi sen BOOST3 CM8250

アディダスadiZERO・takumirenboost3wideとsenboost3を比較

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い2

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い3

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い4

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い5

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い6

adizeroのtakumirenとsenのクッション性の違い

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い7

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い8

adizero-takumiboost走りやすさ

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い9

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い10

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い11

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い12

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い13

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い14

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い15

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い16

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い17

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い18

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い19

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い20

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い21

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い22

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い23

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い24

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い26

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い27

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い28

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い29

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い30

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い31

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い32

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違い33

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違いサイズ

takumirenboost3wideとtakumisenboost3の違いサイズ2

 

以上です。

お疲れさまでした。


-ランニングシューズ

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.