adiZEROのtakumi sen BOOST3 CM8250

ランニングシューズ

adiZEROのtakumi sen BOOST3「CM8250」をレビュー!ワイドタイプなし。ワンサイズ大きめを購入して少し後悔。

更新日:


前回のtakumi ren BOOST3 WIDEに続きまして、

一緒に購入したアディダスのadiZERO「takumi sen BOOST3」をレビューします。

 

型番は「CM8250」で、カラーはオレンジ×ネイビーです。

青山学院大学陸上部着用モデルです。

 

まずは特徴や使ってみた感想を軽くまとめます。

 

・フルマラソンサブ3レベルの方に

・軽い

・ワイドタイプがない

・思ってたほど横幅は狭く(きつく)ない

・サイズはワンサイズ0.5cm大き目を購入(ちょっと後悔)

 

・私の走力レベルには合わないよう

・クッション性はややいまいちな感じ

・走りやすいが、脚に結構ダメージがくる感じ

・足音(接地音)は割と静か

・takumi ren BOOST3とは全くの別物

・オレンジは見た目がサッカーのスパイクみたい(笑)

 

こんな感じですかね。

 

まず、サイズ選びでちょっと「やっちまたなあ感」があるかなあ。

普段私が履いてる横幅ワイドタイプがsenにはないので、0.5cm大き目を購入しましたが、

横幅は全く問題ないですが、やはり縦が若干大きいかなあと。

 

senは思ってたほどには、小さいとかきついとか横幅が狭いとか感じないですね。

これだったら、普段履いてるサイズと一緒の26.5cmの方がよかったかなとも思っています。

 

あと、takumi ren BOOST3がめっちゃ走りやすくてクッション性もよかったので、

senはどうかな?と思っていましたが、どうやら私の走力レベルには合っていないようです(笑)

renと違ってクッション性が低いからか、なんか脚に結構ダメージがくる感じ。

 

走りやすいですけどね。

renとsenはそんなに差はないのかなと思っていましたが、結構違いますね。

japanBOOSTもまたこの2つとは違うし。

 

う~ん、senは短めの距離やインターバル、流しメインで使うかな。

 

あ、意外とデザインは気に入ってます。

 

 

現在、楽天リーベイツ6月14日20時からスーパーポイントバックキャンペーンを開催中です。

アディダスラインストアの還元率は15%に大幅アップ中です。

 

6月18日は日替わりでポイントアップが予定されているので、

20%くらいになるかもしれません。

他にナイキやニューバランス、リーボックなどのスポーツブランドも還元率アップ中です。

 

Rebatesお友達紹介キャンペーン

初回3000円以上の購入で500ポイントが貰える!「楽天のリーベイツ」

 

 

takumi sen BOOSTシリーズは初めて購入

adiXEROのtakumisenboost3-CM8250

 

takumi ren同様に、takumi senシリーズも今回が初めての購入です。

なので、過去のモデルとの違いとかは分かりません。

 

なんとなく、自分にはrenの方が合ってるんじゃないかなと思っていましたが、

予想通りでしたね(笑)

というか、renがもろに合ってた。

 

senも全く使えないというわけでもないので、

1km4分未満のペースとかで走るとき限定で使っていくつもりです。

 

タラレバですが、

senは別に買わなくてもよかったかなあ、とも少し思ってます。

後悔は全くしていませんが、renのみでよかったかなと。

 

こうなったら、「意地でもsenを使いこなせる走力にレベルアップしてやる」

 

なんて、微塵も思ってないですからね(笑)

 

takumisenBOOSTはワイドタイプがない

takumi sen BOOST3は足幅ワイドタイプがない

ソックスは、アールエルソックスTRR-35G

 

これsenの購入を決断してから気づいたんですが、

takumi sen BOOSTにはワイドタイプがありません。

初代のモデルからずっとないみたいですね。

 

よく分からんけど、走力高いとワイドじゃなくきついくらいの方がいいのかな?

 

まあないなら内で仕方ないですね。

ランニングシューズは私は基本ワイドタイプを購入するので、

ワイドタイプ以外を購入するのはかなり久々ですね。

 

 

上原浩治、槙野智章、武尊、マニー・ラミレス選手ら愛用!

サイズはワンサイズ(0.5cm)大きめを購入

takumisenBOOST3はワイドタイプがない

 

で、サイズ選びでちょっと迷う。

Amazonのレビューなんかを見る限りでは、「ワンサイズ大きめがいい」みたいな

レビューがちらほらあったので、その通りにしました。

 

いつも私は26.5cmのワイドタイプを選んでいるので、

0.5cm大きい27.0cmを選びました。

 

ちなみに、店頭などでは1度も試着していません。

もしかしたら「26.5cmや27.5cmの方がよかった」と後々思うかもしれませんが、

27.0cmが「大きすぎる」とか「全く合わない」ということはないと思ったので。

 

あとはわざわざスポーツショップまで足運ぶのが面倒くさいってのもあるけど。

9割方こっちです(笑)

 

で、ワンサイズ大きい27.0cmを履いてみた感想は、

特には問題ないですね。

ただ、ジャストフィットと言えるかは微妙ですね。

 

1番気になっていた横幅は27.0cmで全然問題ないですね。

考えてみたら、takumisenは横幅がE相当なので、特別狭いわけでもないんですよね。

 

で、若干気になったのが「縦の長さ」ですね。。

27.0cmは私には若干大きいかなと。

走ってて気になるほどのレベルではないですが、つま先は触ってみるよ少し余裕がある感じだし。

 

私は普段ランニングシューズは26.5cmのワイドタイプを履いていますが、

26.0cmの横幅標準タイプでも履けないことはないですからね。ちょっときつくは感じるけど。

参考までに、私はどちらかと言えば、27.0cmよりも26.0cm寄りの26.5cmです。

 

横幅が全く問題なかったので、これだったら普段履いてる26.5cmでもよかったかな?とも思っています。

でも26.5cmは試し履きしてないですし、もしかしたら26.5cmは縦は問題なくても、

横幅が少しきつく感じるかもしれないですしね。

 

普段ワイドタイプを履いてると、この辺の判断は難しいですね。

店頭で試し履きするのが1番いいんですけどね。

 

でも、2サイズ大きい27.5cmにはしなくてよかったなとは思ってます(笑)

次、takumi sen BOOST4とか発売されて買う機会あったら、26.5cm買ってみよ。

 

なので、takumi sen BOOSTに関しては、横幅はそれほど狭くない・きつくないといった印象です。

「それほどきつくない」というか、まあ普通ですよね。スリムタイプというわけでもないですし。

縦の長さも小さくは感じないですね。

 

ということで、普段ワイドタイプのシューズを履いてる方で、

明らかに自分は足の幅が広い(3E以上)という方は、

普段履いてるサイズよりワンサイズ0.5cm大き目を選ぶとちょうどよいかと思います。

ただ横幅は問題なくても、縦は少し大きく感じる可能性はあります。

 

私のように、やや足幅が広い(2Eくらい)程度であれば、

普段履いてるサイズが1番合うのではないかなと思います。

 

普段ワイドタイプではなく、横幅が標準タイプやスリムタイプを履いてる方は、普段履いてるサイズと一緒で大丈夫だと思います。

とりあえず、サイズについては人それぞれ感じ方も違うと思うので、できたら店頭で1度試着してみた方がいいです。

 

 

カラーは最新モデルのオレンジ

タクミセンブースト3CM8250ハイレゾオレンジ

 

色はオレンジを選びました。

正式名称は、ハイレゾオレンジ×ランニングホワイト×カレッジネイビーです。

 

型番は「CM8250」というモデル。

2017年12月に発売された、takumi sen BOOST3の最新モデルですね。

(2018年2月現在)

 

他に色違いでもう1つCM8251というモデルもあります。

こちらはのカラーは、イーブルインク×ハイレゾレッド×リアルパープルです。

紫と紺色がベースのデザインですね。

 

どちらも個性のある色ですね。

私はランニングシューズは白やグレーが好きなのですが、ないのでちょっと迷いました(笑)

前作は白があったんですけどねえ。

 

ということで1分ほど悩んで、オレンジの方に決めました。

いや、オレンジとか派手なんで、そんなに履きたいとは思わないんですけどね。

まあでも、たまには派手なのもいいかな。

夜間とかくらい時間なんかだと、逆に目立っていいと思うし。

昼間でも、このハイレゾオレンジはかなり目立つと思いますが。

 

で、デザインなんですが、意外と気に入ってます(笑)

似合ってるとかどうかはよく分からんけど、全然違和感ない(多分)というか悪くないなと。

なんかサッカーのスパイクみたいにも見えるんで、ウェアなどによってはサッカー選手っぽいかも。

 

2016年12月発売の前モデルとは、機能や重量など大きくは変わっていないようですね。

モデルチェンジのようですね。

BOOSTの後の数字が変われば、何かしら変わると思いますが。

BOOST4まだかなあ?

 

 

重量

takumisenboost3右足重量

takumisenboost3左足重量

タクミセンブースト3の27.0cmの重さ

 

重量についてです。

 

計測したら、

右足が167.2gで、

左足が167.9gでした。

0.7gの差ですね。

 

私が購入したtakumi ren BOOST3も左右で0.7gの差でした。

renは右の方が重かったけど。

 

まあ、さすがに軽いですね。

アシックスのターサージール6(26.5cmワイド)は、

左右158g台なのでもっと軽いですけど9gの違いは分からないです。

 

公式サイトの商品説明には27.0cmは「170g」とあるので、

まあほぼほぼその通りといった感じですね。

 

ちなみにインソールも取って重さを計ってみようとしましたが、

なんかくっ付いて固定されてるみたいで取れませんでした。

無理に引っ張ればべりッと取れるだろうけど、無理はしません(笑)

renBOOST3のソールが17gほどだったので、senBOOSTも同じくらいかと思います。

 

 

クッション性

アディダスtakumi sen BOOST3のクッション性

 

クッション性は、正直あんまり優れているとは感じないですね。

うん。

短い距離でも、脚にちょっとくる感じだし。

 

これはちょっと意外だったかな。

もう少しクッション性あると思ってたので。

 

これだったら、ターサージール6の方がまだクッション性ある気がするけどなあ。

または、脚が疲れにくいというのか。

senとrenで1番違いを感じた部分が、このクッション性の違いですね。

 

いやあ、なんかこれだけで自分にはsenは合わなそうだなと思いましたね。

sen使う時はキロ3分台で走るの必須かな、こりゃ。

 

 

今ならヨガマットスモールが貰える!

足音(接地音)

アディダスtakumi sen BOOST3の足音、接地音

 

足音についても一応書いておきます。

 

足音は大きくはないですね。

思ったより静かといった感じ。

 

renBOOSTと大差ないかな。

足音は走り方によるとも思いますが。

 

足音が比較的大きいターサージール6に比べたら、

足音小さいですね。

 

足音気にする方は、参考にしてください(笑)

 

 

使用感

adidasのadiZEROのtakumi sen BOOST3の使用感

 

何度か使用してみた感想です。

 

正直、やや期待外れな感じかな。

takumi ren BOOST3WIDEが走りやすかっただけに。

 

走りやすいとは思うんですけどね。

クッション性も思ってたほどいいとは思わないし。

とにかく自分のレベルにはあまり合ってない気がする。

 

フルサブスリーレベルとか10km37分より速いとかのレベルの人なら、

気持ちよく使いこなせると思う。多分。

 

でも、フルマラソン3時間台前半とかハーフ1時間30分とか

10km40分前後くらいでも、使えないことはないと思います。

 

なので、上でも書きましたが私はsenはインターバルや流し(ウィンドスプリント)など

短めの距離で使うことにします。

 

まあ、色々いい勉強になりました(笑)

 

 

takumi sen BOOST3「CM8250」まとめ

タクミセンブースト3まとめ

 

いやあ、

 

自分にはあまり合ってないかなあ

 

といった感じですかね(笑)

 

あと正直、ここまでsenとrenが違うとは思ってなかったですね。

でも、senも練習内容次第では使えないことはないので、工夫して使っていきますよ。

 

色んなシューズ履いて、身体に色んな刺激を入れるのも悪くないと思うんだよね。

今後は、takumisen3、takumiren3、japanboost3、ターサージール6、

GT-2000NEWYORK6、GEL-KAYANO24の6本柱で練習します。

 

新しいシューズ買うと練習が楽しくなるね。

あとGPSウォッチとか。

 

takumisenBOOST3の写真44枚まとめて貼っておきます

最後にtakumisenBBOST3の写真をまとめて貼っておきます。

いろんな角度から撮っています。

全部で44枚です。

 

アディゼロ・タクミセンブースト3元箱

adiZEROタクミセンブースト3元箱

adiZEROタクミセンブースト3サイズ

takumisenBOOST3はワイドタイプがない

adiZEROタクミセンブースト3元箱底面

adiZEROタクミセンブースト3サイズ27.0cm

adiXEROのtakumisenboost3-CM8250

adiZEROのtakumi sen BOOST3 CM8250

adiZEROタクミセンブースト3はワイドタイプがない

takumisenBOOST3-5

タクミセンブースト3CM8250ハイレゾオレンジ

アディダスtakumi sen BOOST3のクッション性

takumisenBOOST3-CM8250

takumi sen BOOST3-CM8250

takumisenBOOST3-6

takumisenBOOST3-2

takumisenBOOST3

takumisenBOOST3-3

takumisenBOOST3-4

タクミセンブースト3まとめ

takumisenBOOST3-7

takumisenBOOST3-8

takumisenBOOST3-9

takumisenBOOST3-10

takumisenBOOST3-11

takumisenBOOST3-12

takumisenBOOST3-13

takumisenBOOST3-14

takumisenBOOST3-15

アディダスtakumi sen BOOST3の足音、接地音

takumisenBOOST3-16

takumisenBOOST3-18

takumisenBOOST3-19

takumisenBOOST3-20

takumisenboost3右足重量

takumisenboost3左足重量

タクミセンブースト3の27.0cmの重さ

takumi sen BOOST3は足幅ワイドタイプがない

takumisenBOOST3ワンサイズ0.5cm大きめ

takumisenBOOST3横幅

adidasのadiZEROのtakumi sen BOOST3の使用感

takumisenBOOST3試着

takumisenBOOST3試し履き

takumisenBOOST3履いてみた

 

以上です。

お疲れさまでした。


-ランニングシューズ

Copyright© 超サイヤ健康人 No Sports No Supplement No Life! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.