ガッツリ!グッスリ!モリモリ!スッキリ!

食の断捨離

オプチマムのゴールドスタンダード、プラチナムハイドロホエイ、ウエイトゲイナー

オプチマム プロテイン 星5つ☆☆☆☆☆

オプチマムのプロテイン54種類の味を飲み比べてみた。どれが1番美味い!?

はじめまし天津飯! または、おひさしブロリー! それとも、まいドドリア!   オス!オラだ。     これまでゴールドスタンダード、ゴールドスタンダードアイソレート、 プラチナムハイドロホエイ、プロテインスムージー、プロゲイナーなど 54種類のオプチマムのプロテインを試してきました。   まとめとしまして、あくまでも「私個人」の勝手な評価となりますが、 1位~54位まで美味しかった順にランキング形式でさくっと5万文字でレビューします。   ランキングはすべ ...

続きを読む

サイベーションのエクステンド36種類の味比較

BCAA、アミノ酸 サイベーション(エクステンド) 星5つ☆☆☆☆☆

BCAAのエクステンド39種類の味を徹底比較!おすすめの味は!?

はじめまし天下一武道会! または、おひさしブリーフ博士! それとも、まいドクター・ゲロ!   オラだ。   ツイッターでも情報配信してっぞ。 たまにお買い得情報などつぶやいてっから見てくれよな!   18年12月19日追記:Amazonで、 エクステンドプロのチョコレートラバケーキ味のみ 10%OFFの3510円に値下がり中! 現在は新発売記念セール中なので、おそらくこの価格帯は長くは続かないと思う。 Scivation XTEND PRO Chocolate Lava Ca ...

続きを読む

HALEOラプター

HALEO(ハレオ) HMB 神のすすめ☆☆☆☆☆☆☆

ハレオの「ラプター」神サプリ認定!BetaTOR配合のHMBマジ半端ないって!

「神サプリ」とは、まさにこのことか,,,   以上   お・わ・り💙       ちと早いか。 タイトルだけでも十分過ぎるんだがな。。。     こんばんは。 「リアルフードファイター」ことただのアホです。   今回はHALEO(ハレオ)のRAPTOR(ラプター)をサクッと3万文字で流しましょうかね。 ラプターは液体カプセルタイプのHMB(β-ヒドロキシ-β-メチルブチレート)です。 遊離型(フリーフォーム)HMBとも言われて ...

続きを読む

アイハーブの箱

アイハーブ(iHerb) サプリメント

iHerb(アイハーブ)は安全?危険?200回以上利用した私が徹底解説!

アイハーブ(iHerb)の特徴や関税、返品返金などについて まとめましたので、参考にしてみてください。   私はすでにアイハーブをこの4年で200回以上利用しているので、 そこで得た情報や経験をここで惜しみなく暴露していきます。 何かしらお役に立てるかと思います。   一言でいうと、アイハーブは優秀でコスパがいいです。 日本では入手しにくい高品質の商品も多いです。 今まで2回ほど商品間違いとかはありましたけどね(笑) 発送も早く、返金やお問い合わせの対応も早くて丁寧ですよ。 &nbsp ...

続きを読む

ドクターエアの3DスーパーブレードSとスマートを徹底比較

ドクターエア 振動マシン

ドクターエアの3DスーパーブレードSとスマートの違いを徹底比較!コスパがいいのはどっち!?

こんちわーっす!三河屋でーす!   じゃなくて、、、 振動マシンマニアの超サイヤ健康人です!   いきなりですが、振動マシンとは簡単にいうと「次世代トレーニング器具」です。 この1、2年で一気にブームになってますね。   ビリーズブートキャンプ(10年以上前だが笑)、 シックスパッドに続いて次は振動マシンがくるかな? 密かに流行語大賞期待してます!(笑)   普段刺激を入れにくい身体の部位にも刺激を入れることができる優秀なツールです。 筋トレやランニングでは味わえな ...

続きを読む

アイハーブで全商品11%OFF!

日常生活

メルカリの出品物をPUDOステーションで発送する方法や誤配送について解説

投稿日:2018年11月14日 更新日:

ヤフオクの出品物をPUDOステーションで発送する

ヤフオク!で出品して落札された商品を

PUDO(プドー)ステーションを利用して発送してみました。

 

今までなんとなく「PUDOステーション」は知っていたのですが、

主に商品を受け取ることがメインで個人では商品を発送できないと思っていました。

 

ところが!!!

 

2018年9月19日より、ヤフオクで出品して落札された商品が

PUDOステーションで発送できるようになりました!

 

で、実際に出品して落札された商品をPUDOステーションを利用して

発送してみたのですが、結論から言うと、、、

 

 

超簡単に発送できた!!!

 

 

ということで、この記事でPUDOステーションの使い方、

ヤフオクで落札されてからの発送までの手順などを詳しく解説します。

 

まず最初にPUDOステーションの概要、

何度か利用してみて分かったこと、

デメリットなどもいくつか箇条書きします。

 

・全国5000か所以上に設置されている(2021年4月現在)

・主にヤマト運輸営業所、駅やスーパーなどの公共施設に設置されている

・基本365日24時間利用できる(メンテナンス時など利用できない時間帯もある)

・荷物の受取りと発送ができる

ヤフオクとメルカリの出品物の発送に利用できる

・ヤフオクでは落札者がヤフネコ!パック選択した場合のみ利用できる

・メルカリではらくらくメルカリ便利用時に利用できる

・ネコポス、宅急便コンパクト、(ヤフネコ!)宅急便の3つ共に利用できる

・ヤフオク出品物の発送はクロネコメンバーズの登録は不要(受け取りは登録が必要)

・保証制度あり

・伝票は貰えない

・メルカリやラクマなどのフリマサイトの出品物には利用できない(2018年11月現在)

・基本的に翌日か2日後には商品が届く(配達地域による、再配達は除く)

・荷物を入れるロッカーのサイズは3種類ある

・宅急便は160サイズのものは送れない(最大で140サイズまで)

・商品の1番長い箇所が55cm以上のものは送れない(ロッカーに入らない)

・宅急便は3辺のサイズを少しオーバーしてもおまけしてもらえることが多い印象(主観)

・ネコポスは極稀に商品間違いや誤配送がある(私の経験上)

・希望のサイズのロッカーが空いてない場合もある(すでに利用済みで埋まっている)

・サイズ選択でキャンセルをしてロッカーが空いたままになったら、そのままでいい

・夕方(15時頃)までに発送手続きをすれば当日発送扱いになる(場所にもよる)

毎週日曜日の深夜27時~30時(月曜日の3時~朝6時)までは利用できない?

・ヤマト営業所の受付の人やドライバーは発送できることをまだよく知らない人もいるよう

・屋根がないところもある(雨だとちょっと厄介)

 

要点はこんな感じでしょうか。

本文を読まずに、上記の要点のまとめだけでも十分参考になると思います。

本文では発送の手順や、発送と受取りの際のトラブルなども詳しく解説しています。

 

とりあえず、ヤフオクで落札された商品はサイズや発送方法など制限もありますが、

PUDOステーションを利用して発送することができます。

 

個人的にはものすごく気に入りました!

ファミリーマートなどのコンビニでも24時間発送できますが(日曜深夜メンテナンスあり)、

店員とのやり取りや伝票を自分で貼ったりなどやや面倒な点もあります。

ヤマト運輸営業所やコンビニの場合、受付やレジが空いていても

1つ商品発送するのに1分では済まないでしょう。

 

PUDOステーションなら慣れればタッチパネル操作で1分かからないくらい手続き完了です。

発送する個数が多いとコンビニはあまり向いてないですね。

特に朝の通勤時間帯やお昼時の混んでる時間帯とか。

 

私はすでに20回くらいはPUDOステーションを利用して発送していますが、

もちろん全部ちゃんと問題なく届いてます。

発送が遅いとかもないです。

 

ただ、ロッカーに商品を入れる時間が夕方以降だと

翌日扱いになってしまうことはあるかと思いますが。

1日でも早く届けたい場合は、

15時~19時くらいまでならヤマト営業所の方がいいかもしれません。

 

いやあ、PUDOステーションを利用した発送がこんなにも便利だとは思いませんでした。

慣れると「やばいぜ、これ」レベルです(笑)

ご自宅の近くや通勤の途中にあるのであれば是非利用してみることをおすすめします!

 

メルカリラクマなどのフリマサイトでも利用できるといいんですけどね。

その内、利用できるようになるんじゃないかな。

 

 

2018年11月21日追記メルカリでもPUDOステーションから発送できるようになりました。

いや~、本当助かるわあ。

 

2021年2月追記ラクマでは依然PUDOが利用できないですね。

コロナの影響もあり、今は発送する側、受け取る側共に

人と非接触で利用できるのは助かりますね。

 

2021年2月追記:「メルカリでの購入品の商品間違い」について追記しました。

2021年2月追記:「メルカリのQ&Aや裏話」について追記しました。

2021年5月追記:「ネコポスの誤配送」について追記しました。

 

 

目次

PUDO(プドー)ステーションとは?

PUDO(プドー)ステーションご利用方法

ヤフオク商品発送時のPUDOステーション利用方法

 

PUDO(プドー)ステーションとは、ネットで注文した商品を好きな時間に受け取ったり、

ヤフオクで出品した商品を発送できるロッカーです。

 

個人で誰でも利用できます。

基本的には、荷物を受け取る利用者の方が多いかと思います。

 

荷物を受け取る場合はクロネコメンバーズの登録が必要です。

ヤフオクでの出品物を発送する場合クロネコメンバーズへの登録は不要です。

 

 

全国3000か所以上に設置されています。

主にヤマト運輸営業所、駅、スーパー、ドラッグストア、駐車場などに設置されています。

 

2021年2月追記:2019年3月末時点で全国に3913台、

2019年5月時点で4000台突破、

2019年11月時点で5000台を突破したとのこと。

 

2018年11月時点で3000台ほどだったので、

半年で1000台ほどのペースで増えていますね。

2021年2月現在だと、メルカリの利用者が増えコロナの影響もあり

需要が増して更に増えているかと思われます。

全国に6000台あるいは7000台も超えてるかもしれませんね。

 

基本的に365日24時間利用できますが、

メンテナンスをしている時間帯があるようです。

 

メンテナンス時間帯については後の章で詳しく書きますが、

毎週月曜日の2時半(3時?)~6時くらいの時間帯はメンテナンス中みたいです。

 

PUDOステーションは毎週月曜日の早朝はメンテナンス時間帯である

 

 

あとはロッカーの個数に限りがあるので(20個前後?)、

空いてないロッカーは使用できないこともあります。

特に1番大きいサイズのロッカーは中サイズ、小サイズよりも個数が少ないので

たまに空いてない時があります。(私が利用した時は)

 

1番大きいサイズはもう少し多いといいと思うんですけどね。。

私は1番お大きいサイズは1度も使っていませんが。

 

 

私はまだ受け取りでは使用したことはないですが、

近くにPUDOステーションがあるのであれば発送はかなり便利です。

ヤマト営業所やコンビニでは機械を操作するのは同じですが、

その後の店員とのやり取りや伝票の貼り付け(ファミリーマートの場合)がありますからね。

まあそんなに時間のかかることでもないですが。

1分あるかないかかもしれませんが、営業所よりもPUDOの方が早く発送作業が完了すると思います。

 

PUDOもロッカーが開いてない場合や誰かが利用している時待たされる可能性もありますけどね。

さすがにヤマト営業所やコンビニほど利用者は多くないでしょうし。

 

いやあ、それでもかなり便利ですよ。

高額なものの発送とか対人でのやり取りがないと不安な方は

ヤマト営業所かコンビニを利用した方がよいかもしれませんが。

 

私は高額な商品でもPUDOステーション利用しますけどね。

たまに発送ミスとかがあると嫌ですけど、今のところ全くないし。

 

ただ1つ。

PUDOステーションを利用した場合は伝票は貰えません。

機械から伝票が出てきたりはしません。

ヤマト営業所やコンビニでは伝票貰えるので、

この辺も気になるようでしたらPUDOの利用は向いてないかもしれませんね。

私は伝票は別に要らないので特に気にしませんが。

 

安いものとかは比較的気軽に利用しやすいと思いますけどね。

 

 

ヤフオクで出品後、落札~発送までの手順

PUDOステーションでの発送方法手順

 

ヤフオクで商品を出品して、落札されてから発送までの手順を写真付きで解説します。

 

まずヤフオクで出品する際は発送方法にヤフネコ!パックのいずれかを

選択していないと落札されてもPUDOステーションは利用できません。

ヤマト宅急便や郵便局の発送方法などでは利用することはできません。

 

ヤフネコ!パックは、

 

・ネコポス

・宅急便コンパクト

・ヤフネコ!宅急便

 

3種類です。

 

この3つでしたらすべて選択しなくとも、

どれか1つでも選択して利用すればOKです。

 

ちなみにヤフネコ!パックは営業所、コンビニ、PUDOステーションの

どこから発送しても送料を現金で支払うことはありません。

落札額から自動で引かれます。

 

個人的には、出品者が送料を負担する(送料込みの価格)に設定しておくと

送料が全国均一で落札者送料負担よりも少しお得になるのでおすすめです。

 

 

1.落札者の入金完了後にQRコード(バーコード)を発行する

ヤフオクの出品物のQRコードや受付番号

↑この下にQRコードが表示されます。

 

で、まず最初に出品した商品が落札され落札者が入金を済ませましたら

取引ナビでQRコード(バーコード)を発行してください。

 

QRコードと同時に、受付番号とパスワードも発行されます。

QRコードを利用しなくても受付番号とパスワードを利用して発送することもできます。

これはPUDOステーションだけでなくヤマト営業所やコンビニも同じです。

スマホがあれば番号入力よりもQRコードの方が「ピッ」と早くて便利だと思いますが。

 

あと荷物をPUDOのロッカーに入れた後に確認で受付番号が表示されるので、

受付番号はメモしておいた方がよいです。

特に複数個発送する場合など。

発送間違いの予防にもなります。

 

QRコードはコンビニ・ロッカー(PUDOステーション)用ヤマト営業所用

で別々にあるので間違えないようにしてください。

 

私はPUDOステーションではまだQRコードでしか利用したことがないので、

後日機会がありましたら受付番号入力でも試してみます。

 

2.PUDOステーションの画面で「発送」を選択する

PUDOステーションの入力画面

画面をタッチして始めます。

PUDOステーションでの荷物受け取り方法

画面をタッチして「発送」選択画面へ。

ヤフオクの出品物をPUDOステーションで発送する

「発送」をタッチします。

 

まずPUDOステーションで、

受け取りと発送の選択項目があるので「発送」を選択します。

 

 

3.QRコードをスキャンする(または受付番号とパスワードを入力する)

PUDOステーションでQRコード(バーコード)をスキャンする

PUDOステーションのQRコードをスキャンする箇所

左下の赤い箇所です。

 

次にバーコード(QRコード)をスキャンします。

受付番号とパスワードで入力する場合は右の「キーボードを使う」を選択。

 

操作する画面の下にあるバーコードををかざす箇所に「ピッ」とスキャンします。

(下ではないロッカーもあるかも)

 

その後すぐに「注意事項」が3ページ表示されますので、

それぞれ「確認しました」をタップします。

 

 

追記:QRコードを使用せずに受付番号とパスワードを入力して発送手続きしてみました。

こちらも簡単です。それぞれ入力するだけです。

数字を入力し間違えたら画面の「←」を1回タップすれば1文字消せます。

 

これならパソコンのみでスマホや携帯を所持していなくても発送できますね。

 

受付番号とパスワードを入力してPUDOステーションで発送

QRコードを使用せず受付番号とパスワードを入力してPUDOステーションで発送

4.配達日時を指定する(ネコポスは日時指定できない)

PUDOステーション発送時の注意事項画面

日時指定をする前に、それぞれ内容の異なる注意事項ページが3回表示されます。

PUDOステーション発送時の注意事項

プドーステーション発送時の注意事項

 

PUDOステーションでの発送時の日時指定

ネコポス利用時は日付、時間帯共に「指定なし」のみ。

PUDOステーションでの発送時の日付け指定

「指定なし」をタッチ

PUDOステーションでの発送時の時間帯指定

PUDOステーションでの発送時のお届け時間帯指定

時間帯も「指定なし」をタッチ

PUDOステーションでの発送時のお届け日時指定

確認して「続ける」をタッチ

 

 

次にご希望の日時がある場合は日時指定をします。

特にない場合は、日付と時間帯を共に「指定なし」をタップします。

 

ちなみに日時指定ができるのは「宅急便コンパクト」と「ヤフネコ!宅急便」の2つです。

ネコポスは日時指定はできません。

 

5、ロッカーに入れる商品のサイズを選択する

PUDOステーションのロッカーのサイズ選択

 

次に商品を入れるロッカーのサイズを選択します。

S、M、Lの3サイズがあります。

 

ロッカーのサイズはそれぞれ、

 

S(小サイズ):44cm×55cm×8.5cm

M(中サイズ):44cm×55cm×18cm

L(大サイズ):44cm×55cm×37cm

 

どれも2辺の長さは同じですね。

高さだけが違います。

 

ちなみに3サイズとも同じ数あるわけではありません。

設置場所によってそれぞれ個数が違うかと思います。

 

私が利用してるところは、

Sサイズ×12個、Mサイズ×12個、Lサイズ×3個でした。

Lサイズだけかなり少ないですね。

 

なので場合によってはロッカーが空いていないなんてことも十分あり得ます。

今まで5回ほど利用していますが、1度だけLサイズが空いてないことがありました

私はSかMサイズを利用することがほとんどなのでその時は問題ありませんでしたが。

 

追記:その後さらに5回、計10回くらい利用しましたが、

2回Lサイズが空いていませんでした。

設置場所や時間帯にもよると思いますが、

SサイズとMサイズの2つは空いている可能性がかなり高いようです。

 

 

なのでPUDOステーションは商品の大きさによっては発送できない可能性もあります。

ヤマト営業所やコンビニでしたら営業時間外やメンテナンス中以外では

発送できないということはありませんので、これはPUDOのデメリットといえますかね。

 

なので、最悪ヤマト営業所かコンビニを利用して発送することも頭に入れておいた方がいいです。

特にロッカーのLサイズに相当する厚さ18cm以上の商品ですね。

 

ちなみにヤフオクのヤフネコ!パックは集荷は現在利用できません。

これが有料でも集荷が利用できるようになれば非常に便利なんですけどね。。

集荷が利用できたらこの記事を書くこともなかっただろうけど(笑)

 

ヤフオクはヤフネコ!パックは集荷が利用できない。

メルカリはらくらくメルカリ便の集荷は可能だが、PUDOステーションが利用できない。

 

どっちもできるようになってくれないかなあ。

 

6.1ヶ所扉が開くので商品をロッカーに入れる

PUDOステーションのロッカーの扉の開け方

どこかしらの1ヶ所の扉がパカっと開きます。(ちょっとびっくり笑)

ヤフオクでの出品物をプドーステーションのロッカーに入れる

予めヤフオクで落札された商品を梱包しておきます。

PUDOステーションでの発送方法手順

そしてその商品を扉の開いたロッカーに入れる。

 

PUDOステーションでロッカーのサイズと商品のサイズが合わない時

もしボックスに入らない場合は、「ボックスが小さすぎます」をタッチして大きいサイズに変更します。

PUDOステーションで一定時間画面に触れないとスタート画面に戻る

20秒くらい画面に触れないと、元のスタート画面に戻ってしまいますので注意してください。

 

 

希望のサイズのロッカーを選択したら、

パカっと1ヶ所の扉が開きます。

自分で入れたいロッカー(の番号)を選択することはできません。

まあ入れる箇所は関係ないと思いますけど。。

 

荷物を入れたら扉を閉めます。

もし荷物が入らない場合は、

「ボックスが小さすぎます」をタッチしてサイズを選択し直します。

 

Sサイズで入る商品でもLサイズを利用することもできますが、

迷惑なので止めましょう(笑)

Lサイズのとかしか空いてない場合は利用してもよいと思いますが。

あまりこういうパターンはないと思うが。。

 

ちなみに20秒くらい画面を操作しないと、

「画面に触れてください」と5秒からカウントダウンします。

0になったらまたスタート画面からやり直しです。

タッチすれば継続できます。

なるべく画面を操作する前に荷物はすぐ入れられるように用意しておきましょう。

 

 

追記:扉が開いて商品を入れる時にボックスが小さすぎる場合は

「ボックスが小さすぎます」をタッチして大きいサイズに変更できます。

ただそこでキャンセルをタッチしてしまうと、最初の画面に戻ってしまいます。

 

しかしボックスの扉は空いたままです。

これを無理やり閉めようとしても閉まりません。

閉まったと思ってもまた勝手に空いてしまいます。

 

こうなった場合は仕方ないのでそこのボックスの扉は開けっ放しにするしかないですね。

その後しばらく経って自動で閉まるか、係の人が閉めてくれるでしょう。

 

私は仕方ないので1ヶ所の扉は開けっ放しのまま、また最初から画面操作をして

他のボックスに入れて商品を発送しました。

もちろん問題なく発送できました。

 

7.ボックス番号と受付番号の「確認しました」をタッチする

PUDOステーションの受付番号とボックス番号を確認

扉を閉じたらボックスに入れた商品の受付番号が正しいかを確認します。

 

荷物を入れたら、ロッカーのボックス番号と自分が出品した商品の受付番号が

表示されますので、「確認しました」をタッチします。

受付番号は下3桁だけでもメモしておいた方がしっかり確認できて安心です。

発送する商品が1つだけなら大丈夫だと思いますが。

 

 

8.終了(この後、発送されます)

PUDOステーション発送手続き完了

これで発送手続き終了です。

PUDOステーションの「受け取り」と「発送」の選択画面

数秒後、元のスタート画面に戻ります。

 

 

文字で書くとちょっと長くなりましたが、慣れると1分もかかりません。

本当は写真と軽く説明するだけでもいいのですが、

初めて利用する場合は色々不安だと思うので細かく書いておきました。

スマホだとちょっと見づらいかな?すみません。

 

本当PUDOステーションを利用しの発送は早くて楽で超便利です!

 

 

保証制度あり

ヤフネコ!パックの3つの発送方法は共に保証制度があります。

 

ネコポス・・・最大3000円

宅急便コンパクト・・・最大3万円

ヤフネコ!宅急便・・・最大30万円

 

私はこれまでオークションやフリマサイトで合計1000回くらいは出品していますが、

1度も配送事故はありませんでした。

 

「荷物が届かない」とか「商品が破損してしまった」とか。

2回くらい「段ボールか紙袋のテープが剥がれて中身が見えてしまったので補充した」

との連絡は運送会社からあったが。

 

なので、私は出品する際は保証はあまり気にしていませんが、

商品の金額によってはネコポスか宅急便コンパクトにするか少し悩む時はありますね。

例えば落札金額が8000円くらいのものとか。

そういった場合は送料が少し高くなってしまいますが、

なるべく保証額が高い方の発送方法にしています。

 

私としましては、どうせ配送事故など起きないだろうから

できるだけ安い方で済ませたいんですけどね(笑)

まあ万が一のことも考えて。。

 

まあとりあえず保証があるのは安心ですね。

 

 

基本的には翌日か2日後に相手方に届く

ヤフオク出品物をネコポスでPUDOステーションを利用して発送

 

ヤフネコ!パックの配達日数についてです。

 

現時点で5回ほど計10点くらいPUDOステーションを利用していますが、

発送したすべての商品が発送日の翌日か2日後に相手方に商品が届いています。

(ご不在再配達は除く)

ネコポスも複数回利用していますが、翌日に届いてますね。

 

ヤマト運輸のネコポスの商品説明にも基本「翌日配達」と書かれていますし。

ただ一部地域は除くと書かれているので、

配達地域によってはネコポスだと2日後になることもあると思います。

 

私は関東在住ですが、関西や中国地方への発送は翌日届きました。

ただ九州(福岡県)だと2日かかりました。

四国や北海道も2日かかりそうですね。

ちなみに「発送宅急便コンパクト」と「ヤフネコ!宅急便」も九州だと2日かかってますね。

 

そう考えると、ネコポスは安い割に届くのが早いですね。

ネコポスだとポスト投函なので再配達もないですしね。

ネコポスいいなあ(笑)

 

 

いつロッカー内の商品が回収されるのか?

PUDOステーションのロッカーに入れた商品が、

いつ頃回収されて発送手続きが行われているのか気になる方も多いかと思います。

 

私が利用しているところは、主に早朝にロッカーに入れるとお昼頃特に12時台に

追跡で荷物状況が「発送」となることが多いです。

 

なので回収してるのは午前なのかお昼頃なのかは不明ですが、

夜中や朝9時くらいまでにロッカーに入れればお昼頃には発送されるようです。

ただヤフオクの取引ナビで「発送連絡をしました」(反映)となるのはもう少し遅いです。

15時~18時くらいですかね。

 

ファミリーマートで発送した時だと取引ナビに反映されるのがもう少し遅い感じですね。

ファミマで朝に発送手続しても反映されるのは夕方~夜頃が多いです。

ちゃんとお昼くらいには発送されていますが。

 

あとはお昼頃~夕方頃にロッカーに荷物を入れた場合どうなのかですよね。

これはまだ試したことがないのではっきり分からないですが、

ヤマトのドライバーさんに聞いたところ、

「少なくとも夕方17時くらいまでにロッカーに入れれば当日発送扱いになると思います」

みたいなことを言っていました。

 

まあ試してないので分かりませんが。

17時だと場所によっては翌日の発送扱いになりそうな気もしなくもないですが。。

郵便ポストじゃないけど15時までなら当日扱いになると思いますけどね。

今度機会があれば試してみます。

 

分かり次第追記します。

 

 

利用できない時間帯(メンテナンス)がある

ヤフオクの出品物をPUDOステーションで発送する

画面は常に表示されているが、時間帯によっては「発送」を選択すると、、、

PUDOステーションは毎週月曜日の早朝はメンテナンス時間帯である

「メンテナンス中」となり利用できない時間帯がある。

 

 

私はすでに様々な時間帯にPUDOステーションを利用していますが、

1度だけメンテナンス中で利用できない時間帯がありました。

その時間帯が日曜日の深夜26時半~30時(月曜日の2時半~朝6時)くらいの時間帯です。

 

日曜深夜(月曜早朝)以外の平日、土曜日の深夜は利用できます。

 

もしかしたら25時半(1時半)からかもしれません。

あと6時ではなく7時くらいかもしれません。

深夜3時頃、5時5分頃、5時35分頃は利用できませんでした(笑)

さすがに4回行く気にはならなかったのでちょっと遠いけどファミマで発送しました。

 

またしっかり確認できましたら追記します。

 

まだ1回ですし毎週なのか第一月曜日のみなのかは詳しく分かりませんが、

おそらく毎週月曜日の早朝だと思います。

 

これはファミリーマートでも同じでした。

ファミリーマートは毎週月曜日の2時半~5時にメンテナンスしているようです。

これはおそらく全店共通です。

他のファミマでもこの時間帯は利用できなかったし。

 

ちなみに、私が利用しているファミマは

5時ちょうどではなく5時5分~8分くらいまで利用できませんでした。

本を立ち読みしてて「5時になったあ!」ということで

Famiポートで操作しようとしたらまだ使えないし。。

ファミマの場合メンテナンスが終わってから起動するまで更に5分くらいかかるようです。

 

PUDOでもファミマでもあまり深夜~早朝に利用する人はいないと思いますけどね(笑)

21時~24時くらいの利用なら問題ないと思います。

 

正直Famiポートはともかく、

「PUDOステーションはシステムメンテナンスはない」と思っていたので、誤算でした。

PUDOステーションのホームページにも「メンテナンス時間帯がある」とは書かれてなかったし。

まあ日曜深夜(月曜早朝)に利用しなければ問題ないことですけどね。

 

追記:違う週の月曜日の2時10分頃に試しに利用してみたところ

まだメンテナンス中ではありませんでした。

やはりコンビニ同様に毎週月曜日の午前2時半頃からメンテナンスとなるようです。

 

追記:クロネコメンバーズは毎週月曜日の午前3時~午前6時までメンテナンスなので

もしかしたらPUDOステーションも同じく午前3時からかもしれません。

私が利用できなかったのは午前3時をちょっと過ぎてたような気もします。

 

追記月曜日の朝6時3分くらいに試してみたら利用できました。

やはりメンテナンスは毎週月曜日の3時~6時みたいです。

 

追記2021年4月1日(金)の午前3時~午前6時まで

PUDOステーションがメンテナンスのため発送の利用ができないとのこと。

月曜早朝以外でも年に何度か早朝にメンテナンスを実施するようですね。

年度の初めだけかもしれませんが。

曜日に関わらず毎月1日にメンテナンスしているかは確かめていないので不明です。

おそらくメンテナンス中は発送作業だけでなく受取りもできないと思います。

 

とりあえず、毎週月曜日と毎年4月1日の午前3時~午前6時はメンテナンスをしている

と頭に入れておいて損はないと思います。

 

 

雨除けの屋根はない?

メンテナンス以外にデメリットともいえる点をもう1つ。

 

PUDOステーションですが、場所によっては雨除けの屋根がないかもしれません。

てか、ほとんどのとこでは屋根がないかと思います。

 

私が利用しているところも屋根がありませんし。

つまり、雨が降ってる時はちょっと厄介だな、と思いましたね。

車を利用したとしても。

 

実際私も1度雨が降ってる日に利用しましたが、

傘がないと普通に濡れるし。

 

小雨程度なら特に問題ないかと思いますが、

大雨とか台風とかだとかなり画面で手続しにくいと思います。

 

あと基本的に屋外の設置だと思うので、

雨の日は湿気もちょっと心配ですね。

 

雨が降ってない日であれば特に問題ないのですが。

 

 

メルカリからもPUDOステーションから発送できるようになった!

この記事を最初に書いた当初はメルカリでの出品物は

PUDOステーションからの発送はできませんでした。

 

しかし11月21日よりメルカリではPUDOステーションから発送できるようになりました。

ヤフオク同様に出品物の発送のみで、落札(購入)物の受け取りはできません。

ラクマでは依然利用できません。

 

まだ利用していませんがメルカリではPUDOステーションを利用する前に

先にサイズを選択するみたいですね。

サイズが合わない場合は後から変更できると思いますが。

 

いやあ私はメルカリも利用しているので非常に助かりますね。

商品のサイズによって使い分けていたので。

特にメルカリで出品物をネコポスでPUDOステーションを利用して発送できるのは助かる。

ヤフオクでは売れにくくメルカリでは売れやすい商品もあるしね。

 

メルカリで出品している方で、ヤマト営業所やコンビニよりも

PUDOステーションの方が近くになる方は非常に助かると思います。

ただロッカーが空いてない場合があるとか、

大きいサイズは遅れないとかのデメリットもありますけどね。。

 

それらを差し引いてもメルカリ出品物がPUDOステーションで発送できるようになったことは

近くにあって利用する人にとっては非常に大きいと思います。

 

ただ1つ気がかりなのは、しばらく(半年くらい?)は大丈夫だと思うけど

PUDOステーションを利用して発送するのが普及した場合ですね。

人通りの多いところだと「ロッカーが空いてることが少ない!」なんてことも起こりそうな予感。。

 

PUDOステーションの設置場所も徐々に増えていきそうだし、

まあヤマト営業所やコンビニ利用する人の方が多そうだしまあ大丈夫でしょう。

ちゃんと遅れるか心配で利用しにくい人もいるだろうしね。

(ちゃんと遅れますよ)

 

一応前に書いた以下の文章も残しておきます。

 

 

PUDOステーションを利用しての発送はヤフオクでは利用できますが、

メルカリやラクマでは利用できません。

 

ラクマはそもそも匿名配送が利用できません。

ヤフネコ!パックとらくらくメルカリ便は共に匿名配送です。

この2つは必然的に匿名配送となります。

相手の名前や住所が知りたい場合は違う発送方法にしましょう。

 

発送する商品やサイズにもよりますが、

ヤフネコ!パックとらくらくメルカリ便は送料がかなり安いです。

 

特に宅急便やゆうパックと比較した場合かなり安く済みます。

全国一律料金というのもでかいですね。

送料は「最大69%OFF」って書いてありますからね。

最近宅急便やゆうパックが値上がりしたのでかなり助かってます。

 

60サイズ以下の場合の平たいものは宅急便コンパクトがいいですね。

私は宅急便コンパクトが1番利用回数多いです。

ネットのクロネコマーケットで注文すると送料無料で自宅まで届けてくれます。

1度で5枚以上買わないとダメみたいだけど。さすがにね。。

 

出品者、落札者(購入者)共にお互いの名前や住所を知らせなくて済みます。

ヤフネコ!パックは出品者送料負担にすればヤフオクとメルカリの

ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便の配送料金は全く同じです。

 

個人的にはラクマは手数料が3.5%とヤフオクとメルカリよりも格安ですが、

利用者が少ないこともありあまり利用していません。

 

ヤフオクとメルカリは落札額や商品の大きさでどちらを利用するか決めています。

少し前までは匿名配送で集荷も可能な(ネコポスは除く)メルカリをよく利用していましたが、

ヤフオクでPUDOステーションで発送できることを知ってからは、ヤフオクの方をよく利用しています。

 

重かったり大きいものは少しばかり安くなってもメルカリを使って

集荷に来てもらうことが多いです。

 

メルカリの発送でPUDOステーションが使えるようになれば

私的にはメルカリの評価が更に上がるんですけどね。

 

ネコポスで発送する商品はどちらも集荷は利用できないので、

PUDOステーションが使えるヤフオクだけ使っています。

だいたい私の場合はネコポスで送る商品は安いものが多いから

少しくらいの差ならヤフオクでいいかなと。

 

ちなみにコンビニで発送する場合はヤフオクもメルカリも

ファミリーマートがよいと思います。

 

メルカリはセブンイレブンでも発送できるけど、

機械操作ないけどなんか面倒くさそう。

 

他にどちらもサークルKサンクスでも発送できるけどまず店舗数が圧倒的に少ないし。

ほとんどの方は近くにないと思うし、ファミマやセブンイレブンの方が近い場合が多いと思う。

 

やっぱりこうやって比較してみると、

PUDOステーションは1番簡単で便利だよなあと感じる。

荷物のサイズに制限があるのとロッカーが空いてない場合があるのが難点ではあるが。

 

ヤマト関係者でもまだ知らない人もいるみたい

追記:2018年11月に書いた記事なので、

2201年現在であればヤマト関係者ならすでに知っている方が大半かと思います。

 

 

余談ですが、実はヤフオクでPUDOステーションが利用できることを知り、

ヤマト営業所で宅急便コンパクトで商品発送する際に

受付の女性にPUDOステーションで発送できるか確認のため聞いてみたんですよね。

 

そしたら

 

女性:「受取はできるが発送はできないと思いますが」

私:「発送もできるようになったらしんですけど」

 

よく分かっていないようで年配の偉そうな女性を呼び出す。

 

偉そうな女性:「いや、受取りのみで発送はできないと思いますけど。。」

 

私は「なんだ、利用できないのか。利用できればめっちゃ便利なのに」

と思って1度はPUDOステーションでの発送を諦めかけたんですよね。

 

 

でもヤフオクの説明にはしっかり出品した商品が発送できるようになったと書かれているし、

新しいからまだ知らない人もいるのかなと思い、今度はヤマトのドライバーさんに

らくらくメルカリ便の集荷に着てもらった時に聞いてみました。

 

すると、

ドライバー:「あ~、発送できますねえ。ただクロネコメンバーズの登録が必要ですけど」

私:「あ~、やっぱ発送できるんですね。(え、メンバーズ登録必要なの??)」

 

 

ヤマト関係者でもまだはっきり知らない人がいるみたいですね(笑)

 

私は一応かなり前からクロネコメンバーズには登録していますが

(日時変更できたりクロネコマーケットで買い物できたりといろいろ便利なので)、

別にメンバーズ登録してなくてもPUDOステーションで発送できますので。

 

ヤマト関係者でもまだよく知らない人がいるようなので、

一般の利用者だとまだ認知度は相当低いでしょうね。

PUDOステーションで発送ができるのか検索しても

「実際に利用してみた」みたいな情報がまだ少ないので、

だったらせっかく利用したので超分かりやすく書こうと思った次第です。

 

これを書いて「利用者が急増して自分が利用できなくなる」

なんて心配は特にしてない(笑)

 

とりあえず、あと1年くらいはまだまだそこまで広まってないと思いますが。

ある程度知れ渡ったら場所によっては

「中々空きがない」ってこともあり得なくもなさそうだけど。

1人で10個くらい発送することも一応できるしね。

 

知ったとしても近くにPUDOがなかったり、

ヤフネコ!パックを利用しないのなら関係ないですしね。

 

 

メルカリの出品物をPUDOステーションで発送してみた

この度2018年11月21日からメルカリでも出品物が

PUDOステーションで発送できるようになりました!

 

ヤフオクもPUDOステーションで発送できるようになったのは

たしか2018年9月19日頃でしたのでまだ利用できるようになって間もないですが。

 

私はヤフオクもメルカリも利用するのですが、

「メルカリでもPUDOステーションで発送できるようになったら嬉しんだけどな」

と思っていました。

 

2019年のどこかしらにはメルカリでもPUDOステーションで

発送できるようになるだろうと思っていましたが、

2018年内に利用できるとは正直思ていなかったので嬉しいです。

といっても、そんなに大量に出品しているわけではないんですけどね。

 

それではメルカリでの出品物の発送方法について軽くお伝えします。

メルカリ出品物の発送方法も正直、

ヤフオク出品物の発送方法とほとんど変わらないんですけどね。。

 

違いはなんだろ?

メルカリの方はスマホでしか操作できないことくらいかな?

メルカリはパソコンでも利用できますが、

PUDOステーションで出品物を発送する場合はパソコンの方からでは発送手続きができません。

(2018年12月現在)

 

あとはメルカリの方は発送する商品のサイズを選択する項目がありますね。

サイズはロッカーに入れる時でも変更はできますが。

 

このくらいじゃないかなあ?

メルカリとヤフオクの発送方法の違いは。

 

私はすでにヤフオクでの出品物をPUDOステーションを利用して発送したことがあるので、

メルカリでの発送もほとんど迷うことはなかったです。

 

うん、なのでそれ以外は特に書くことはないですね。

発送方法だけ軽く写真で解説します。

 

いやあ、今までPUDOステーション用の出品物は

ヤフオクでとメルカリとを使い分けていた商品もあったので、

これでメルカリの利用が少し増えそうかな。

らくらくメルカリ便はヤフネコ!パック(内容はらくらくメルカリ便とほぼ同じ)と違って

集荷が可能なのも個人的には助かる。(ネコポスは集荷できない)

 

でもヤフオクもメルカリより手数料安かったりものによってはヤフオクの方が高く売れますし、

利用者の年齢層とか違いますので今まで通り利用しますけどね。

あとは自分で価格を決めるのが難しい商品とかはヤフオクを利用した方がいいかも。

たまにヤフオクくじとかあるのも出品者、落札者共にメリットありますしね。

 

家の近くや通勤途中などにPUDOステーションがある出品者にとっては

メルカリでもPUDOステーションを利用して発送できるようになったのはかなり大きいと思います。

1度利用したらその手軽さに驚きます。

 

メリットばかりではなくロッカーが空いてない場合が

あるとか少しばかり注意点はありますが。。

 

いやあ、メルカリがまた一段と使いやすくなりましたね。

助かり助かり♪

 

 

メルカリで商品間違いだった場合の対処法

PUDOステーションとは関係ないのですが、

「メルカリで、購入した商品と違った商品が届いた」

時のことについても書いておきます。

出品、購入問わず、同じ経験をした時などに参考にしてください。

 

思ったより長くなってしまったので、先に結論だけまとめておきます。

興味がある方は、出品者(購入者)とのやり取りも参考にしてください。

 

・商品は本

・商品が届いた翌日に、ヤマト宅急便着払い(自宅から)で出品者に返品

・メルカリでの取引をキャンセル

・その後、メールでやりとり

・出品者から購入した商品がクリックポストで送られる

・銀行振込で送料込みの代金を支払う

 

こうやって箇条書きでまとめると、あっけないですね。

ただ、商品間違いは出品者も購入者もどちらにとっても気の毒だなと感じました。

出品側はもちろん、購入側も気持ちのいいものではありません。

購入する側は防ぎようがないですが、出品者は間違えないように気を付けてください。

 

送る相手を間違えた

私はこれまでにメルカリで出品も購入も数多く経験しています。

そんな中、先日初めて、購入したものと違った商品が送られてきました。

購入した商品はです。

900円である本を1冊購入したのですが、別の本が1冊送られてきました。

 

梱包は特に問題ないですし、その間違いの本も状態は悪くありません。

最初は、「まあないだろうけど、まさか他の本のカバーでもしてるのかな?」

と思って袋を開けて確認したらやはり違う本でした。

すぐに、「出品者が商品を間違えて送ってしまったんだろうな」と思いました。

 

普段はあまり気にしないのですが、

すぐに出品者の評価と出品物を確認しました。

評価は15個ほどと少なめですが、悪い評価は1つもありません。

なので、「故意に違う商品を送った」わけではなさそうと思いました。

 

続いて、その出品者の他の出品物を確認すると間違って届いた本がありました。

その本も誰かが購入済みでした。

その間違いの本を確認すると、

私が購入した900円の本と同じ日の同じ時間帯に購入されていました。

ここで、

「あ~、出品者が2つ同時にネコポスで送って送り先を逆にしてしまったんだな」

と思いました。

 

ちなみに、その間違って届いた本は購入された価格は500円です。

私も全くではないですが、特に興味のある本ではありません。

 

まずは、出品者に伝える

初めてのケースだったので、少し戸惑いました。

その時はGoogleで検索をせずに、すぐに出品者に知らせました。

「違った商品が届きました。どうすればいいですか?」と。

 

私も出品して売れた商品を2つや3つまとめて発送した経験があるので、

商品を間違えて送ってしまうのは十分に分かります。

本はそんなに大きさに違いはないので封筒などに入れると

何を入れたか中身が分からなくなってしまうものもあります。

私は送り先を間違えないように封筒や箱の隅にボールペンで軽くメモしたりします。

 

で、その後の対処法ですが、

すぐに出品者から「少しお待ちください。この後、対処法をお伝えします。」

とメッセージが届きました。

 

私は高額な商品ではないので、おそらく私ももう1人(私が購入した本が届いた)も

「取引キャンセルにしてそれぞれ届いた本は破棄するか売るか自由にしてください」

といった感じになるのかなと思っていました。

 

ゆうメール着払いで返品してください

その後、5時間後くらいにメッセージが届きました。

ちょっと予想外の対処法でした。

 

「ゆうメール着払いで返品してください」

「その後、取引キャンセルをして、新たに購入してください」

 

とのこと。

 

私はまず、

「えっ、面倒くせえ~。。。」

と思いました。

 

私が送料を払わないとか、何の得にもならないのはまあいいとして、

なんで貴重な時間を使ってわざわざ郵便局やコンビニまで足を運ばなきゃならないのか、と。

それ、「時間泥棒だろう」と。

 

こちらとしては、まあかなり欲しかった本なのですが、

取引キャンセルをして違う人からまた購入すればいいかなと思っていました。

相場よりも割と安く買えた本ですしそんなに頻繁には出回らない本なので

ちょっとまた購入するのは面倒だなとは思いましたが。

 

ちなみに、ゆうメールの着払いは基本的に郵便局やコンビニからの発送になります。

私は普段郵便局やコンビニに滅多にいかないですし慣れていないこともあり

「面倒くさいなあ」と感じました。

実は、ゆうメールの着払いは、専用の伝票や切手さえあればポストからも発送はできます。

ポストからの発送だとしても結局外出しないといけないので面倒くさい(笑)

私はゆうメールの伝票を持っていなかったので、ポスト投函という選択肢はありません。

 

たしかに、出品者側からすれば本人が送料を負担するのは当然として、

なるべく送料を安く抑えたい気持ちはわかります。

ゆうメールの着払いなら1冊の書籍なら送料は300円強くらいで済みます。

 

結局、自宅からヤマト宅急便着払いで返品

その後、私の方から出品者に、

「ゆうメールの着払いは使い慣れていないので、何日かお時間を頂けますか?」

「ヤマト宅急便の着払いでしたら、明日中にでも発送できますが」

「または私がメルカリで間違って送られてきた本を300円で出品者様専用で出品して、

ネコポスで発送する方法でも構いません」

とお伝えしました。

 

出品者からの返答は、

「では、ヤマト宅急便着払いで返送してください」

とのことでした。

 

私はゆうメールの着払いかメルカリで購入の方だと思っていたので、

これまたちょっと予想外の展開となりました(笑)

出品者は、送料とかよりも「1日でも早く2人に本を届けたい」

という気持ちが強かったようです。

 

ヤマト宅急便着払いだと私はもちろん自宅から発送したので100円の割引はなく、

おそらく60サイズで930円の負担になったかと思います。

私が購入した本(900円)よりも返品の送料の方が高くなってしまいました。

ここ数年宅急便は利用してなかったけど、送料結構高くなってますね。。

ゆうパックも似たような感じですね。

 

まあ、仕方ないですね。

私側に責任はないですし。

私はお金よりも時間(命)の方を圧倒的に重要視しているので、無駄遣いはしたくないんです。

 

私にとっては、

 

「時は金なり」ではありません。

「時は命なり」です。

 

「タイムイズマネー(Time is money)」ではありません。

「タイムイズライフ(Time is life)」です。

 

まあ、この辺の考え方は人それぞれですが。。。

 

 

発送後に出品者は、

「お忙しい中、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

といような趣旨を述べていましたが、

ヤマト運輸営業所への持ち込みではなく集荷でしたのでほとんど時間はロスしていません。

間違って届いた本もそのまま元の封筒に入れて返品したので、

梱包もほとんど時間はかかっていません。

本は梱包が楽なのはいいですね。

 

余談ですが、私はメルカリで本をよく買いますが、本は売れやすいと感じます。

特に本は、安くてお得なものは結構争奪戦が激しいな、と。

発売されたばかりの本はやはりチェックしている方が多く売れるのも早いですね。

もちろん、モノや価格や状態にもよりますが。

 

 

その後、クリックポストで商品を送ってもらった

結局、違う本が届いた2日後に出品者の方に届きました。

その日の内に、出品者様がクリックポストで900円の本を発送して翌日に届きました。

ということは、今書いてて思いましたが、

もう一人の方も間違って届いた本をすぐに返品したということですね。

ゆうメールか宅急便の着払いかは分かりませんが。

 

メルカリでの取引はキャンセルとなり、

支払いは銀行振込で済ませました。

銀行振込の手数料は出品者もちでしたが、

お互い同じ銀行の口座同士だったので手数料は無料でお支払いできました。

「ご迷惑をおかけした」とのことで、

代金の支払いは送料込みで800円と100円安くなりました。

 

ちなみに、メルカリでの取引ではらくらくメルカリ便(ネコポス)での発送だったので

その段階ではお互いに住所や名前は分かりませんでした。

ただ、ヤマト宅急便の着払いで返品する時とクリックポストでの発送時は

送り先の住所と名前が必要になります。

そのため、メルカリで取引キャンセルしてからはメールでやりとりしました。

 

私は再度メルカリで私専用に出品してもらって購入し直すのかなと思いましたが、

この時もちょっと予想外でクリックポストでの発送となりました。

ちなみに、クリックポストの送料は全国一律198円(税込)です。

 

私が以前、ヤフオクでクリックポストを使って発送していた当初は

送料は164円だったんですよね。

それが2018年9月1日に185円に値上がりして、

2019年10月1日に消費税増税に伴い188円に、

2020年4月1日に198円に値上がりしました。

 

1年半で送料が34円アップですか。

5年以上前はクロネコヤマトのメール便が80円(厚さ1cm以内)でしたからね。

全体的に送料は値上がりしてますね。

 

でも、考えてみたら今までが安かったなとも感じます。

メルカリやヤフオクのネコポスは値下がりして175円となり200円切っていますが、

いつ値上がりしてもおかしくないなと思ってます。

らくらくメルカリ便の60サイズ以上やゆうゆうメルカリ便などは値上がりしましたしね。

 

もし私が発送間違いをした場合どうするか

もし、私が出品者の立場で異なる商品を送ってしまった場合は、

購入者側に取引キャンセルを要求すると思います。

「購入していただいた本をちゃんとお届けしたい」という気持ちよりも、

「購入者側にあまり負担、面倒ををかけさせたくない」という気持ちの方が強いので。

 

要は、購入者様の貴重な時間と労力を奪いたくないということです。

間違って送った商品は自分で読むなり、破棄する、売るなど

どのようにしていただいても構いません、とお伝えしますね。

せっかく購入して頂いた商品をお届けできないのは申し訳ないのですが。

 

特に出品といいますか普段あまり発送をしない方の場合、

自宅からのヤマト宅急便の着払いの発送でも面倒に感じると思うので。

伝票に自分と相手の住所や名前をボールペンで記入するだけで数分かかりますし。

集荷してもらう宅急便の伝票は、

ネットで入力すれば伝票は要りません。(書く必要がない)

ただ、クロネコメンバーズにログインして

住所や名前を入力するって作業だけでも多少時間はかかりますし地味に面倒ですしね。

伝票に直接記入する場合は伝票が手元になかったらまた一苦労ですし。

 

 

この場合、今回のように500円と900円の商品であればその分損したという感じですね。

実際は本だと手数料10%と送料が200円前後なので

こちらの受取額は850円~900円くらいなんですけどね。

その分を損したけど仕方ない、これからは気を付けよう、と。

 

これを今回のケースのように、

2人に宅急便着払いで返品してもらい(930円×2とする)、

再度クリックポストやネコポスで発送となると、

結局は900円のマイナスって感じなんですよね。

 

なので、やはり出品者側の考えが重要ですね。

購入者に梱包や発送作業、メッセージのやり取りなどの

負担をかけさせたくないという気持ちを優先するのか、

多少手間暇かけてしまうがご希望の商品をお届けすることを優先するのか、

ですかね。

 

で、まずは自分の意見を購入者側に伝える。

購入者側もどう対応すればいいのか分からなくて困るでしょうし。

基本的には自分の意見よりも購入者側の意見を優先した方がいいですね。

出品者側に責任があるんですから。

 

 

PUDOステーションから間違えて発送した場合

ということで、個人的には欲しい商品が届くまで時間がかかり、

やりとりでも多少時間が奪われて色々と負担となりました。

まあでも、滅多に起こることではないですし、

こうやってブログ記事を書いて経験を共有して少しはお役に立っていると思うので、

「まあいっか」

と思っています。

 

 

ちなみに、私は1度に複数の出品物をPUDOステーションで発送したことがありますが、

もちろん誤って違う商品を届けてしまったことはありません。

といっても、1度に複数の人への発送でPUDOを使用したことは20回もないくらいですが。

 

対面受付ではなく、PUDOを利用して間違えた場合はちょっと厄介ですよね。

人によっては、自分の間違えなのか

それともPUDOで商品を回収をした人が間違たのかを

判断するかもしれませんし。

99%以上自分の商品入れ間違いでしょうけど。

 

基本的には、

 

PUDOのロッカーに入れる≒営業所の受付の人に渡す

 

って感じですからね。

 

「ちゃんと入れたはずだけどなあ。どういうことだ!?」

とか思うと、厄介ですね。

 

複数の購入者にまとめて発送する時に商品間違いが気になるのであれば、

やはり対面のヤマト営業所かコンビニからの発送が確実ですね。

その場で伝票のシールを貼ってくれますから。

PUDOの場合だと、伝票は貰えませんしね。

 

または、高額な商品や2つまたは3つ以上の商品をまとめて送る場合は、

PUDOではなくヤマト運輸の営業所を利用する

というような考えもいいかもしれませんね。

 

私はPUDOの方が慣れていて

やりとりも対面受付よりも短時間(1分もかからない)で済みますし

24時間いつでも利用できるのでなるべくPUDOを利用しますが。

営業所やコンビニだと少し待たされることもPUDOよりは多いと感じますし。

 

ネコポスで他人の購入品が誤配送された時の対処法

メルカリでは出品だけでなく、商品もたまに購入します。

先日、メルカリで他の方が購入したある商品が誤配送されました。

その時の対処法を記しておきますので、参考にしてください。

 

上の、私が購入した商品の商品間違いとは違い、

誤配送は私が購入していない商品が届きました。

先に簡単に結論を書きますと、

 

1.ヤマト運輸に誤配送の商品の件を電話で連絡

2.電話した20分後にバイクの配達員が到着

3.配達員が誤配送の商品を受け取る

 

終わり、、、

 

いや、あっけない(笑)

 

まあ、ご配達された側としては何のメリットもないのはもちろん、

電話したりと数分時間もロスしていますので、ちょっとした迷惑ですね。。

このひと手間や迷惑だけで終わらすのは勿体ないので、こうやって記事に追記しています(笑)

同じような経験をした人に少しでも役立ててもらえたら嬉しいです。

 

私もこの誤配送はメルカリでは初めてですが、

他のヤフオクやネット通販でも今まで十数年利用してきて

誤配送は今回を除いて1回か2回程度だったかと思います。

誤配送はほとんど記憶にないですし滅多に起こるものではありません。

 

メルカリでは割と最近、私が購入した商品がネコポスで届かないことが1度ありました。

出品者は商品を発送したようで「発送済み」の発送通知は来ましたが、

その後2週間ほど待っても届かなかったので、結局その取引はキャンセルとなりました。

普通はネコポスは遅くても5日~1週間ほどで届きます。

沖縄などからだと航空便で発送する場合は5日ほどかかることも珍しくありません。

ただネコポスで発送されてから1週間以上届かない場合は

誤配や商品行方不明その他を疑った方がよいかもしれません。

おそらく私が購入したその届かなかった商品は誤配送でないと思います。

そもそも、どこかしらの場所にも配達完了していない状態でしたので。

となると、「商品はどこにいってしまったのでしょうかね」というお話なのですが。。

出品者は発送はしたけど、その後商品が行方不明にでもなってしまったのでしょうかね。

まあ、よく分からないしそこまで高価でもないですし欲しかった商品でもなかったですし、

またいつでも購入できるような商品でしたので、すんなりと取引はキャンセルしました。

 

では、一応今回の誤配送について詳しく書いておきます。

 

ネコポスの誤配送の商品は私がメルカリで購入した書籍1冊と一緒にポストに投函されていました。

誤配送の商品は書籍ではありません。車の部品(と記載されていた)なので全くの別物です。

もちろん、別々の方から発送された商品です。

私がメルカリで購入した本は匿名配送でしたが、

誤配送の商品は匿名配送ではなく、送り主と送り先の住所や氏名が記載されていました。

誤配送の商品の送り先の住所は、私が住むところとは近所というわけでもなく、

隣町でしたし住所もそんなに似ているわけでもなく、なぜ間違えたのか少し不思議なくらいです。

そこの場所は私がよく通る場所にあるので知っていましたが、車で10分かからないくらいの場所です。

近すぎず遠すぎずといった感じ。

 

まあ、これでバイクの配達員(同じ方)が

そのあたりの地域まで商品を届けていることは分かりましたが(笑)

それが分かったところで何もないですが。

 

ネコポスの場合、基本量が多いとかポストに入らないとかでない限りは

ポスト投函だと思うので受取り(置き配やロッカー受取もあるが)の

宅急便や宅急便コンパクトなどと違い誤配送だったとしてもすぐに気づけないんですよね。

私も今回ポストに投函されてから商品を手に取り気づいたのは数時間後でしたし。

今回は配達されたその日の内にヤマト運輸に伝えてすぐに引き取りに来てもらいました。

おそらくその日の内に本来届く場所に届いたと思います。

別にこちらは急ぎでもないので翌日以降に電話してもいいんですけど、

まあ面倒くさいことはさっさと済ませたかったので。。

 

ちなみに、これまでにネット通販やネットのフリーマーケットで

対面受け取りの宅急便やゆうパックで誤配送があったことは1度もなかったと思います。

逆にこちらが誤配送にあったこともなかったかなと。

となると、誤配送はトラックや軽ワゴンを運転して届ける宅急便などよりも

バイクや自転車で届けるネコポスやメール便(今もあるのかな?)の方が割と多いのかなと感じました。

トラックドライバーの方が経験値や土地勘が豊富で間違いにくい気もします。

特に長年勤めている地域密着型の正社員のドライバーとか。

ナビとかもあるでしょうし。

 

ネコポスなどの基本ポスト投函の小さい商品でも誤配送は滅多にあるものではありませんが。

私もこの十数年で1万回くらいはポスト投函の郵便物を受け取っていると思いますが、

誤配送は数えるくらいしかなかったですし。

となると、対面受け渡しではないポスト投函のものの誤配送の確率は

一般的には1000分の1未満かなと感じます。

私の経験上の、かな~りなんとなくの印象ですけど。

 

でも今回の件のヤマトの対応は早かったですね。

誤配送された夕方に電話しましたがそれから20分ほどしてからバイクの配達員が来ましたから。

正直、早くても電話してから30分~1時間はかかるかなと思っていましたので。

誤配送の商品にはかなり迅速に対応するようです。

 

上でも書きましたが、誤配送された側としては特に何のメリットもありません。

ただの時間のロスです。

まあ、私の場合はポジティブにいい経験になったと思うことにしていますが(笑)

次回、同じ経験をした時(何年先だろうか)に焦らず困らずに済みますしね。

 

今回もしかしたら、誤配送の商品を引き取りに来る時に

「何かヤマト運輸関連の商品(上記とかペンとか)がもしかしたら貰えるかな?」

とか少し思っていましたが、そんなことはまったくありませんでした(笑)

まあ、別に欲しくもないものは何もいらないですけど。

 

う~ん、とにかく私が発送する商品は誤配送されたくないな(笑)

誤配送されたら受け取った方がちゃんとヤマトに連絡してくれますように。

 

こう考えると、

「小型で高価なものや貴重品はネコポスで送るか宅急便で送るかよく考えた方がいいかも」

と少し思うようになりました。

 

その他のメルカリとPUDOのQ&Aや裏話

他にメルカリを利用して気づいたこと、経験したことなどを書いておきます。

是非、参考にして下さい。

 

ネコポスで送ってもサイズオーバーだと宅急便扱いにされることがある

ヤマトの営業所ならネコポスで発送しようとして

サイズオーバーなら発送できない、或いは別の発送方法に変更できますよね。

 

ただPUDOステーションの場合は、対面受付ではないので

ロッカーに入れた時点ではまだネコポスでの発送は確定していません。

実際、ネコポスの規定のサイズをオーバーしていた場合は

宅急便扱いにされるようです。

 

例えば、ネコポスの厚さは3cm以内ですが5cmとか明らかに厚さをオーバーしている場合は

宅急便扱いになると思います。

実際はネコポスの175円で遅れたと思っていたらサイズオーバーで

60サイズまたは80サイズの宅急便扱いに変更されるということも十分に有り得ます。

60サイズなら700円で、80サイズなら800円なので

サイズオーバーだった場合、こちらに入ってくる額は500円以上変わってきますね。

 

出品物が送料込800円くらいのものだとネコポスで送ってサイズオーバーの場合

下手したら手数料と送料で780円とかで手元に入ってくる額は20円とかにもなりかねません。

 

私はギリギリかわずかにサイズオーバーしている場合はネコポスで送ってしまいます。

厳しそうだなと感じたら宅急便コンパクトか宅急便ですね。

ちなみに、ネコポスも基本は対面受付ではなくPUDOで発送することが多いです。

なんとなくですが、PUDOの方がサイズチェックが緩いかなあとも思います。

 

でもネコポスは厚さが2.5cmから3cmになりましたし

送料も195円(だったかな?)から175円に値下がりしたので使い勝手がいいですよね。

宅急便コンパクトだと集荷の30円と資材の70円を合わせると480円になるので

305円も違ってきますからね。

持ち込みの場合でも275円違います。

宅急便だと60サイズで700円(集荷で730円)ですし。

 

やはり利用できるサイズ且つヤマト営業所やコンビニやPUDOが近くにある場合は

積極的に安いネコポスを利用したいですね。

 

追記実際に私が取引した商品でネコポスが宅急便扱いに

なったものがありましたので書いておきます。

 

その商品は「本」で私が出品者から購入したものです。

厚みはネコポスの上限の3cmをオーバーする3.7cmほどでした。

形が変わりにくい本で厚み0.7cmオーバーはネコポスでは無理でしょう。

出品者は当初はおそらくネコポスで発送したかと思います。

PUDOステーションならやりとりがないのでPUDOかもしれません。

発送後、「ネコポス」や「宅急便コンパクト」などと表示されないので

少しおかしいなとは思っていました。

結局、その本は宅急便で届きました。

 

で、私が購入したこの本ですが、購入価格が600円台でした。

宅急便は1番安いサイズで700円(60サイズ)なので、

この場合出品者の受取金はどうなるのか少し調べてみました。

どうやら不足した分は後日請求されるようです。

なので今回の場合だと、売上金600円(として)-手数料60円-700円で

160円が後日請求されることになります。

これはかなりきついですね。

普通なら数百円の受取金は期待できる商品です。

今回の場合も、ネコポス(最初から損失覚悟で宅急便では発送しないと思うので)

ではなく、宅急便コンパクトで発送すれば100円くらいは売上金となっていたはずです。

 

いやあ、今回は私が購入者としてですがよい経験となりました。

相場より安く入手できた本なのでなにか出品者には申し訳ない気持ちですが。。

ネコポスは、私が出品者としてヤマト営業所でも発送したことがありますが、

厚みは際どい時はしっかり専用の定規みたいなので測定するんですよね。

なので、ネコポスは縦と横のサイズはそこまで厳しくないようだが、

厚さに関してはかなり厳格であると感じます。

1、2mmオーバーであれば大丈夫かもしれませんが、

厚さ3.5cmとか5mm以上オーバーだとアウトと思った方がいいですね。

書籍だと500ページ越えのような分厚いものは

3cmを超えることもあるので注意が必要です。

 

ネコポスと宅急便(60サイズ)では送料が525円も違ってきますので、

サイズオーバーが不安であれば最初から宅急便コンパクト(梱包材併せて450円)

で発送した方がよいと思います。

あとは、出品時にしっかり厚さを確認して厚さが3cmを少しでもオーバーしそうな場合は

宅急便コンパクトか宅急便で発送する前提で価格設定をした方がいいですね。

 

書籍だと、1冊で3cmオーバーのものはそう多くないですが、

2冊重ねると3cmオーバーは珍しくないので

2冊または3冊まとめてネコポスで発送する時も

平らに並べるなど厚みには注した方がいいですね。

2冊並べての発送ならネコポス(ゆうパケットも)なら1冊当たり送料100円以下なので

出品時、購入時共に2冊まとめ買いは送料が節約できてお得です。

小さくて厚み1cmほどの文庫本ならネコポスで1度に4冊~最大6冊くらい送れるかもしれません。

ただ重量制限が1kgまでですので、6冊だと薄くて軽い本でないと厳しそう。

 

 

試しに、少しサイズオーバーした荷物をネコポスで送ってみたら...

私がメルカリで商品を購入した時にネコポスで送られることが多々あるのですが、

たまに「これ明らかにネコポスの規定サイズオーバーしてるじゃん」という大きさの

封筒や紙袋に入った商品が届くことがあります。

 

サイズオーバーは、厚さや縦、横の長さのいずれかまたは複数が

サイズオーバーしているものを指します。

ただ、そういった明らかにサイズオーバーしているものでも

ネコポスの伝票が貼られてちゃんとネコポスで発送されているんですよね。

 

ということで、私も試しにわざとではないですが、

敢えてサイズオーバーで宅急便になるのを覚悟で試してみました。

今回は厚さオーバーではなく横(縦)のサイズが1.2cmほどオーバーした状態で送ってみました。

ネコポスの規定のサイズは31.2cm×22.8cm×暑さ3cm以内です。

この「22.8cmまで」のところを24cmくらいで送ってみました。

全体的なサイズは30cm×24cm×厚さ3cmくらいです。

 

ちなみに出品物はTシャツです。

Tシャツとかだと厚みは平気でも幅が微妙な時ってありません?

で、同時に2個同じようなサイズで送ったのですが、無事どちらもネコポスで発送できました。

ちなみに、ネコポスの受付はヤマト営業所でもコンビニでもなく

PUDOステーションを利用しました。

 

もうロッカーに入れてからは、

ネコポスになるかサイズオーバーで宅急便扱いになるかは運ですね(笑)

今回は1辺のみ1cmほどのオーバーでしたので「9割方大丈夫だろう」とは思っていましたが。

衣類とかだと少し押しつぶしたりするだけで微妙に幅とか厚みが変わったりしますからね。

厚みの1cmオーバーは厳しいかもですが、縦か横の1辺であれば基本大目に見てくれるかと思います。

 

コンビニはその場では計測しないと思いますが。

ヤマト営業所でも1cmくらいのサイズオーバーなら大丈夫だと思うんですけどね。

私も集荷とかで宅急便を利用する時、たまに60サイズとか80サイズで0.5cm~1cmほど

サイズオーバーしてしまう時があるのですが、ドライバーさんに「ギリギリ大丈夫ですかね?」

というと基本的に問題なくサービスしてもらえます。

 

ただ、例えば上記のように3辺の長さが1cmほどオーバーしていて

60サイズか80サイズか微妙な時にドライバーさんに何も伝えないと

80サイズになってしまうことは普通に結構ありました。

メルカリ便の場合は60サイズと80サイズでは100円の違いですが、

普通のヤマト宅急便だと200円強違うと思うのでサイズが気になるとか

なるべく送料を安く抑えたい場合はドライバーさんに確認してみた方がいいかもですね。

 

ネコポス(175円)か宅急便コンパクト(持込450円)か宅急便(持込700円)かで

送料は結構違ってくるので、際どい場合やわずかにサイズオーバーしている場合はネコポスで

送ってみてもよいかと思います。

仮に4回送ってその内の1回がサイズオーバーと判断されて宅急便になっても

大きな損にはならないですしね。

 

175円×4回=700円

175円×3回+700円×1回=1225円

 

ギリギリサイズ範囲内とかちょうどくらいでしたらまあ迷わずネコポスでいいと思います。

私はこれからも厚さはなるべく3cm以内を厳守して、

それ以外の2辺はどちらか1辺なら1cmまでならオーバーしてもネコポスで発送するつもりです。

 

ただ、ネコポスもメリットばかりではなく集荷をしてもらえないのは

個人的には大きなデメリットです。

わざわざヤマト営業所やコンビニまで持ち込んで数分手続きをするのが面倒という方は

宅急便コンパクトや他急便の集荷で時間を買うといのも賢い選択だと思います。

また、ヤマト営業所やコンビニの場合は混んでる時は下手したら何分か待たせれますからね。

対面受付の場合は混んでる時間を避けるのも重要ですね。

その点でも、コンビニよりはヤマト営業所の方が並んで待つ可能性は低いでしょう。

 

PUDOステーションでの発送なら更に利用者は少ないと思いますし、

慣れれば画面操作でロッカーに入れるまで1分かからないくらいなので相当早いです。

場合によっては、宅急便の集荷よりも早いくらいですし(笑)

宅急便の配達員も到着してから荷物を受け取って立ち去るまで

のろい人はイライラするくらいのろいですから。

あと、集荷完了してから数時間とか中々発送完了ボタンが押せないのもイライラする(笑)

 

実際、私もこれまでにPUDOステーションでの発送は50回以上は利用していますが、

1度たりとも他の人が利用していて待たされたことはありません。

そもそも、私が利用しない時でも、あまり人が利用しているところを生で見たことがない(笑)

普及するにはまだまだ時間がかかりそうですね。

 

宅急便で60サイズを数cmオーバーしたら80サイズになるのかどうか

ネコポスではどうやら少しサイズオーバーしても大丈夫なようです。

次に宅急便で試してみました。

 

ヤマトの宅急便は以前は集荷でもたまに利用していました。

営業所への持ち込みは私はあまりしません。

集荷時は、60サイズを少し(1cm~1.5cmくらい)オーバーしても80サイズではなく

60サイズ扱いにしてくれることが多かったです。

ただ2、3cmオーバーした時にダメもとで聞いたら、

「ちょっと厳しいですねえ」みたいなことを言われて80サイズになった記憶はあります。

これは今でも変わらないともいます。

 

あとは上でも書きましたが、配達員(ドライバー)さんにちゃんと聞いて確かめないと

1、2cmサイズオーバーしただけでも80サイズになってしまう可能性は十分にあります。

1サイズ違うと200円ほど違ってくるので送料が気になる方は

面倒くさがらず恥ずかしがらずに聞いて確認した方がいいですね。

 

で、今回はらくらくメルカリ便の宅急便で確かめてみました。

ちょうど3辺のサイズが60cmを少し上回る荷物を送ることになりました。

この時は衣類を紙袋に入れての発送でしたが、

梱包してみたらたまたま60cmを少しオーバーしていたんですよね。

 

大体0.5cm~4cmほどサイズオーバーしていました。

これだけ範囲が広いのはサイズを計測する人によって、

そしてどこを計るかによって少し違ってくるからです。

私が少しあまく計測した感じでは、1cm~1.5cmオーバーでした。

衣類の紙袋梱包だと少し形状が変わると厚みなど変わってきますしね。

 

で、梱包した状態で対人のないPUDOステーションで発送手続きをしました。

個人的には、サイズが確定するまで「どうだろなあ」と微妙な感じでしたが、

7割方「60サイズでいけるだろうな」と思っていました。

そして半日ほど経って確認したら、やはり60サイズで発送できてました。

PUDOステーションでのらくらくメルカリ便の宅急便の発送でも、

1cm~2cmのサイズオーバーでしたら許容範囲のようです。

 

3辺10cmオーバーでもワンサイズおまけしてもらえる場合がある

あとはなぜか宅急便で100サイズのはずなのに80サイズになっていたこともありました。

3辺のサイズは実測で92cmくらいだったのでラッキーですね。

80サイズと100サイズでは送料が200円違うのでバカにできません。

ただ、こういった明らかな計量ミス(?)は滅多にないです。

100回に1回とかだと思います。

私も今までにメルカリの宅急便での発送は200回くらいは利用していると思いますが、

1サイズ小さくなったことはほとんど記憶にないので。

やはり営業所での発送よりも集荷やPUDOを利用した発送の方が

送料の面ではプラスに働くことが割と多いように感じます。

ちなみにこの時(軽量ミス)は集荷で発送しました。

集荷時にその場でサイズを計測することは少ないです。

 

上でワンサイズ小さくなるのは「100回に1回」と書きましたが、

意外とあるようです。。

上に書いた数日後に梱包サイズの3辺の長さが71cmほどの衣類をPUDOで発送しました。

「さすがにこれは80サイズだろうな」と思っていました。

ただ、「もしかしたら、、、」と思い、発送後にサイズを確認したらまさかの60サイズでした。

60サイズが送料700円で、80サイズが800円なので100円の違いですが、

「ラッキー!得したー!」とかよりもそれ以上に驚きました。

 

追記:先日、宅急便の集荷で、3辺のサイズがおよそ65cm±1cmの衣類を発送したのですが、

「60サイズでいけるかな」と思ったら残念ながら80サイズでした。

衣類なので重量は2kg以下です。

なので、完全に「サイズ(60サイズ)オーバー」との判断ですね。

まあ、5cmオーバーでしたら仕方ないですね。

コンパクトに梱包すればギリギリ60サイズでも発送できなくはなかったので少し悔やまれる。。

次回から集荷を利用する時は気をつけます。

 

集荷は計量がやや厳しめな印象。

3辺が2、3cmオーバーでもワンサイズ大きくなってしまうことも十分に有り得るので、

送料が気になる方は集荷時にドライバーさんに確認してみてもよいかと思います。

ちなみに、私の場合は集荷時に荷物のサイズを計測されることは少ないですね。

120サイズや140サイズほどの大きなものは割とその場で計測されやすいような印象はありますが。

まあでも、そんなにしょっちゅう大きなものは送らないですけどね。。

最近はコロナの影響もあるかと思いますが。

 

メルカリの宅急便での発送はPUDOよりも集荷をの方をよく利用しますが、

やはり感覚的には集荷よりもPUDOの方が

発送サイズをおまけしてくれやすいというかワンサイズ安くなることが多いように感じます。

集荷の場合は3辺のサイズが1、2cmオーバーならともかく、

5cm以上オーバーしたらおまけはしてもらえないと思った方がいいですね。

対して、PUDOは3辺が1、2cm程度のオーバーならほぼ100%近くおまけしてくれる感じ。

5cm~10cmオーバーでも1つ下のサイズにしてもらえることも割とありました(5割以上)。

 

PUDOステーションで宅急便での発送の利用頻度が多い方は、

送料を結構節約できるかもしれませんね。

仮に1日平均1件利用するとしたらサイズにもよりますが、

1週間で100円、1ヶ月で500円、年間5000円程度送料を節約できるかも。

 

まあ、以前(たしか2019年くらいまで)は60サイズで送料600円、80サイズで700円でしたからね。

現在のらくらくメルカリ便の宅急便の60サイズ700円もそこまで高いとは思っていません。

しかも同じ区域だけでなく、全国一律ですからね。

今後仮に、60サイズが800円、80サイズが1000円になってもそんなに驚かないですね。

 

集荷の30円も同じく。

らくらくメルカリ便(ネコポスを除く)の集荷代は1件で100円でも全然安いと思うんですけどね。

外食でいうところのフードデリバリーのお店側(ウーバーイーツに集荷に来てもらう)

みたいなもんでしょ。

宅配便は送料だけでなく、集荷代金ももっと上げていいと思うけど。

普通に考えて、家まで取りに来てくれるってすごい便利なわけだし。

忙しい今の時代は特に。

家から出てPUDO也営業所也コンビニまで行くのが面倒だし時間が勿体ないわけだし。

「お金より時間」という考えは中高年よりは若者に多い考えのようですが。。

私ももちろん、圧倒的に「お金より時間」思考です。

そう考えたら、メルカリ便の宅急便やコンパクトは集荷を利用した方がお得感ありますね。

ただ、私の感覚としては

宅急便の場合はPUDOの方がワンサイズ小さくなりやすい傾向が割とあるので

PUDOステーションも侮れません。

80サイズと100サイズなら送料200円違いますしね。

 

ここ何年かは全体的な物価だけでなく、配送料も少しずつ値上がりしている傾向ですしね。

ということは、「今後は発送(売る)も受取り(買う)もできるだけ減らそう」

という考えになるのは私だけでしょうか。

いずれにしても、「断捨離」あるのみです。

 

うん、やはりらくらくメルカリ便の宅急便は集荷や営業所での対面受付よりもPUDOステーションからの方が

サイズが小さくなり送料が少し安くなる、お得になる確率が高いですね。

高価なもの、伝票が必要、少しでも早く届けたい場合は営業所での取引が確実かと思いますが。

サイズが際どい、重量が際どいなどの場合はPUDOかな、と。

完全にサイズオーバーしている場合はワンサイズ小さくなることは稀かと思いますが、

少しサイズや重量をオーバーしてるくらいならサービスしてもらえる確率がかなり高いです。

ネコポスはともかく、宅急便コンパクトに関してはPUDOによる恩恵はあまりないかなと。

宅急便コンパクトは集荷も可能なので有難いですね。

コンパクトは、郵便局の発送方法でいうとレターパックプラス(520円)みたいなところですかね。

 

ちなみに逆の話で、明らかに規定のサイズ内なのに

ワンサイズ大きいサイズで発送されたことが何度かありました。

PUDOと集荷で合わせて数回ですかね。

当時はサイズ確定後「おかしいなあ、ふざけるなよお」と思っていましたが、

おそらく3辺のサイズは規定の範囲内でも重量がオーバーしていたのでしょう。

60サイズは2kgまで、80サイズは5kgまでですからね。

以前はほとんど重量のことは気にしていなくて

5~7kgに満たないようなもの重く感じないようなものは計測もしていなかったので。

 

らくらくメルカリ便の宅急便の場合は、

60サイズと80サイズでは送料は100円しか変わらないので、

あまりギュウギュウにして梱包するのに抵抗がある場合は、

余裕をもってワンサイズ大きめで発送した方がよいとかもしれません。

100サイズと120サイズも100円の違いなので、あまり神経質にならなくてよいかも。

80サイズと100サイズ、120サイズと140サイズでは送料が200円違ってくるので

ワンサイズ小さくできそうなら頑張ってみるのもよいと思います。

 

ちなみに、PUDOステーションでは160サイズのものは発送できません。

160サイズのものはロッカーに入りません。

140サイズまでならOKですが、1辺の長さは最大で55cmまでなので、

140サイズでも120サイズでも、3辺の内、1辺の長さが55cm以上だとPUDOでは送れません。

 

となると、長めのものはPUDOでは送れませんね。

バット、ゴルフクラブなどの他に、

テレビ、掃除機、PCの液晶モニターなども厳しいと思います。

ポスターなんかはB2サイズまでなら丸めて専用の箱にでも入れれば

ぎりぎりロッカーに入ると思います。

バッグ、リュックなども55cmまでだと登山用のような大きめのものは厳しいですね。

 

荷物がコンパクトでも重量が重いと基本的には大きいサイズに変わるが、小さいサイズで済むこともある

重量物を出品をして知ったのですが、らくらくメルカリ便の宅急便(中~大サイズ)は

重量によってサイズが変わることもあります。

 

60サイズは2kgまで、80サイズは5kgまで、100サイズは10kgまで、

120サイズは15kgまで、140サイズは20kgまで、160サイズは25kgまで

 

となっています。

メルカリ便だけでなくヤマト宅急便もたしか同じような感じですよね。

郵便局のゆうパックはサイズに関係なく一律25kgまでとかだったかな?

最近は郵便局の発送方法は利用してないのでよく分からないですが。

 

ただ実際には重量とは違ったサイズになることもありました。

例えば、19kgのものを送った際、送料は140サイズ(20kgまで)になりました。

ちなみに、この時の箱のサイズは80サイズです。

その数日後に16.5kgほどのものを送ったところ、本来なら送料は140サイズ(20kgまで)が

適用されるはずなのですが、100サイズ(10kgまで)の1000円で済んだこともありました。

この時の箱のサイズは80サイズでした。

 

上記の2回の発送時は集荷を利用しました。

ヤマトの営業所に持ち込んだ場合はその場でもっと正確に計測されるかもしれません。

 

基本的には重量通りのサイズになると思いますが、

運がよければ少し小さいサイズにしてもらえるかもしれませんね。

重量物を発送する際は持ち込みも大変ですし、集荷も30円の追加で済みますし、

もしかしたら送料も少し安く済むかもしれないので、集荷がよいと思います。

 

別々の出品物を同梱することはできない

メルカリでは、別々の出品物は同じ購入者であっても同梱して発送することはできません。

 

もし同梱できれば、購入者はすでにお支払いを済ませているので得にはなりませんが、

出品者側は送料を少し安くできる可能性もあるので有難いのですがね。。。

 

ヤフオクなんかはたしか複数の落札品をオークション終了後に同梱できるんですよね。

今もできるのかはよく分からないけど。(ヤフオクあまり利用しないので)

 

なので、私はなるべく複数購入希望の方にはまとめ買いで少し安くするようにしています。

出品する側にとってはまとめ買いにしても金銭面ではそんなに得はないと思いますが、

購入する側は送料分少し安く買えますからお得ですね。

 

いずれにしても、購入後に同梱できるようになってくれたらいいんだけどな。

すでに支払いが終わってるから、同梱はトラブルになりやすいとかもあるのかな。

 

ロッカーが開けっ放しになってた場合

PUDOステーションを利用していて何度かあったのが、

ロッカーの開けっ放し。

 

自分が荷物を発送しようとしたら何も画面を操作していないのに

すでにロッカーが開いている

なんてことがたま~にあります(した)。

 

この時の対処法ですが、

 

無視

 

でOKです。

 

画面にもそのような旨が書かれています。

「開いている箇所がありますがそのままにしてください」

みたいな感じだったかな?

 

私は無理に閉めたりしないですが、

1度開いているロッカーを閉めようと試したことがあった気がしますが、

その時はたしか閉まりませんでした。

24時間以内には係員が対応してくれると思います。

 

例え短時間でも何個もロッカーが開いていたら嫌ですけどね(笑)

 

PUDOステーションまとめ

PUDOステーション発送手続き完了

 

いや~いいっすよ、PUDOステーション。

 

2018年11月現在全国に3000店舗以上あるようですけど、もっと増えてもいいと思う。

ファミリーマートやセブンイレブンは全国に15000とか2万店舗あるみたいなので、

それらと比べたらまだ少ないですけど。

それでも「意外と近くにあるわ」って方もそれなりにいるはず。

 

ただ今後利用者が増えた場合などロッカーが空いてないことは十分にあり得ますので、

念のため他に営業所かコンビニで発送することも頭に入れておきましょう。

下手したらLサイズのロッカーとか2、3日連続で利用できない可能性もなくはないですからね。

 

ちなみに私は発送だけで受け取りで利用することはなさそうですね。

常に家にいるので(笑)

 

とにかく、PUDOステーションでの発送はめっちゃ簡単で早くて便利ですので!

ヤマト運輸営業所やファミリーマートよりも近くにあったり、

ヤマト営業所が営業時間外の夜中~早朝の発送が多い方であれば

是非メインでPUDOステーションを利用することをおすすめします!

-日常生活

Copyright© 食の断捨離 , 2021 All Rights Reserved.